1.相続放棄とは

1-1.資産も負債も一切相続しない

相続放棄とは、もともと法定相続人だった方が資産も負債も含めて「一切の相続をしない」と申し述べることです。有効に相続放棄できれば、その人ははじめから相続人ではなかった扱いになります。親に借金があっても相続放棄をすれば、借金を引き継ぐ心配がありません。
特に財産がなくて借金や未払い家賃などの負債だけが残されているなら、相続放棄を検討するようお勧めします。

1-2.放棄をする際の手続きの流れ

相続放棄するときには、家庭裁判所で「相続放棄の申述」をしなければなりません。
亡くなった人の戸籍謄本、住民票、相続放棄したい人の戸籍謄本などの必要書類をそろえて「相続放棄の申述書」とともに裁判所へ提出しましょう。
すると裁判所から相続放棄の照会書が送られてくるので、回答書に記入して返送します。問題がなければ相続放棄が「受理」され、自宅宛に相続放棄の受理書が送られてきます。これで無事に相続放棄できたことになります。

1-3.相続放棄の注意点

相続放棄は、基本的に「相続開始を知ってから3か月以内」に家庭裁判所へ「相続放棄の申述書」を提出しなければなりません。つまり3か月の間に財産内容や借金を把握して、書類を揃えて裁判所での手続きをしなければならないのです。期限を過ぎると相続放棄が認められなくなるので注意しましょう。
また家庭裁判所に申述書を提出した後も、裁判所からの相続放棄照会書へ回答しなければなりません。ここで不用意なことを書くと、相続放棄が認められない可能性も発生します。
正しい対処方法を知り、慎重に対応する必要があるといえるでしょう。
さらに遺産の一部を使ったり処分したりすると「単純承認」とみなされて相続放棄できなくなってしまいます。相続放棄するなら不用意に遺産に触れてはなりません。

2.相続放棄を弁護士に相談するメリット

2-1.裁判所での手続きや複雑な書類の準備をアドバイスしてもらえる

相続放棄するときには家庭裁判所へ書類を提出したり照会書へ解答したり、手間のかかる手続きに対応しなければなりません。適切に対応しなければ相続放棄が認められない可能性もあります。
弁護士に相談したら、どういった書類を集めれば良いのか、どこで入手できるのか、申述書や回答書の書き方などをアドバイスしてもらえるので安心です。

2-2.相続放棄をしたほうがいいのか悪いのか、道筋を立てられる

親が借金していても、必ずしもすべての事案で相続放棄すべきとは限りません。負債より資産が多いときに相続放棄すると損をしてしまうでしょう。
弁護士に相談して状況を伝えたら、弁護士が相続放棄すべきかどうかアドバイスしてくれます。

2-3.限定承認についてアドバイスしてもらえる

資産内容が不明な場合「限定承認」をすればマイナスの負債を相続しないで残されたプラス部分のみを相続することも可能です。
自分ではこういった微妙な判断は困難ですが、弁護士に相談すると、限定承認が適したケースややり方について教えてもらえるので、ベストな選択が可能となるでしょう。

2-4.相続財産の計算方法を教えてもらえる

相続放棄するかどうか決めるときには「財産の評価」が必須です。ただ遺産の評価方法は専門的で、素人にはなかなかわかりづらいでしょう。弁護士に相談すると、相続財産の評価方法を確認できるので、相続放棄すべきかどうか適切に判断できます。
相続放棄についてよく理解するためにも、専門家への問い合わせを検討してみてください。

3.相続放棄を弁護士に依頼するメリット

3-1.手間をかけず正確に手続きを進められる

相続放棄するときには、必要書類を過不足なく集めて正確に申述書を作成し、回答書に適切な記載をする必要があります。
自分ではすべてに対して適切な対応をするのが難しくなりますが、弁護士に任せていれば安心できるでしょう。書類集めや提出などの手間も省けます。何もしないで待っていれば相続放棄が完了するのは大きなメリットとなるでしょう。

3-2.ほかの相続人への説明もお願いできる

相続放棄は自分1人でもできますが、相続放棄によって次順位の相続人に相続権が移ってしまうので、きちんと他の相続人へ説明しないと親族間トラブルになる可能性があります。
弁護士に依頼していれば、弁護士から正しく他の相続人へ手続きの意味や内容を伝えてもらえます。他の相続人が相続放棄を希望するときには、方法も教えてあげられるので、親族関係を悪化させずに済むでしょう。

3-3.期限を過ぎても相続放棄できる可能性がある

相続放棄は「相続開始を知ってから3か月以内」に行う必要があり、期限を過ぎると受理されません。ただ弁護士に依頼したらこの期間を過ぎていても相続放棄できるケースがあります。遺産がないと信じており、信じたことに過失がなければ相続放棄が受理される可能性があるのです。
自分では相続放棄を諦めざるを得ないケースでも、弁護士に依頼すると希望がつながるのは、大きなメリットといえるでしょう。

3-4.司法書士と権限の範囲の違い

司法書士には「書類を作成する代理権」しかありませんが、弁護士は「手続き全般に関する代理権」があります。債権者から連絡が来たときも、司法書士には対応が難しい可能性がありますが弁護士ならあらゆる状況に対応可能です。
司法書士より弁護士の権限の方が大きいので、いざというときに頼りになるでしょう。

費用の相場は5~10万円

相続放棄を弁護士に依頼すると、5万~10万円程度の費用がかかります。
対応してもらえる内容は以下のとおりです。
 

  • 財産調査
  •  戸籍謄本などの取得
  •  申述書作成、提出
  •  家庭裁判所とのやり取り
  •  回答書の作成、提出
  •  受理書の取得、依頼者への説明、依頼者への交付
  •  万一債権者から連絡が来たときの対処

このように、相続放棄の準備段階から終了後の債権者への対応まで、何もかもやってもらえるので、大変心強いでしょう。費用をかけても弁護士に依頼するメリットは充分あるのではないでしょうか?

まとめ 相続放棄を検討したら弁護士に相談を

相続放棄に失敗すると、借金などの負債を相続してしまって大変な不利益が発生します。簡単かつ確実に相続放棄を成功させるには、弁護士のサポートが必要といえるでしょう。「相続放棄した方が良いのかも」という考えが頭をよぎったときには、お早めに弁護士に相談してみてください。

(記事は2020年10月1日時点の情報に基づいています)