不動産などの物理的に分割しにくい財産が残されると「代償分割」という方法で遺産分割を行うケースがあります。代償分割とは、1人の相続人が財産を取得して他の相続人にお金を払って清算する分け方です。今回は代償分割の特徴やメリットとデメリット、代償分割をお勧めするケースを紹介します。

1.代償分割とは

代償分割とは、誰か1人の相続人が財産を取得して他の相続人には代償金を支払うことによって清算する遺産分割の方法です。代償金の金額は「法定相続分」に応じて計算します。

たとえば2,000万円の価値のある不動産があり2人の子どもが相続するとします。兄が不動産を取得して弟に1,000万円の代償金を支払うのが代償分割による解決方法です。

長男が実家の不動産を継ぎたい場合、事業承継で後継者が会社関係の財産をまとめて承継したい場合などによく利用されます。

2.代償分割のメリット

代償分割には以下のようなメリットがあります。

2-1.比較的公平に遺産分割できる

遺産分割の際、分割方法に不公平感があると相続人同士でトラブルにつながります。たとえば現物分割で長男が価値の高い不動産を「1人で相続したい」と言っても他の相続人は納得しないでしょう。

代償分割を利用すると、長男から他の相続人へと法定相続分に応じたお金が支払われるので不公平感は小さくなり、スムーズに遺産分割を進めやすくなるケースもよくあります。

2-2.財産を残せる

不動産を相続しても、換価分割によって売却してしまったら、せっかくの財産が手元から失われてしまいます。親の残してくれた財産を失うのは寂しいと感じることもありますし、将来の値上がり益を得られなくなる損失なども考えます。

代償分割なら不動産を手元に残せて、次の世代に伝えていくことも可能です。

3.代償分割のデメリット

一方、代償分割には以下のようなデメリットもあり注意が必要です。

3-1.遺産の評価が原因でトラブルになることも

代償分割をするときには、対象とする不動産の評価が必要です。しかし不動産の評価方法は一律ではありません。代償金を支払う相続人は低く見積もるでしょうし、受け取る相続人は高く見積もるでしょう。意見が合わずにトラブルになってしまうケースが少なくありません。

3-2.資力がないと利用できない

代償分割を利用するには、不動産を相続する相続人に代償金を支払うだけの資力が必要です。お金がなかったら利用できないのは代償分割のデメリットといえるでしょう。

3-3.税金が発生するリスク

代償分割の際、支払う代償金額が多すぎると代償金を受け取った相続人に「贈与税」が発生する可能性があります。たとえば2,000万円の不動産の代償金として1,000万円支払うべき事案において、1,500万円分の財産を渡してしまったケースなどです。この場合、500万円分が贈与とみなされて贈与税の課税対象になります。

4.代償分割をお勧めするケース

4-1.公平に分けたい

遺産をなるべく公平に分けたいなら代償分割がお勧めです。財産を取得しない他の相続人も代償金を受け取れるので、不公平になりません。

4-2.財産を残したい

せっかく相続した財産を売却せずに手元に残したいなら代償分割を検討しましょう。換価分割すると財産が失われてしまいます。

4-3.遺産が不動産しかない

相続財産に預貯金や株式などのいろいろな財産があれば現物分割でも公平に分けやすいのですが、不動産しかなかったら代償分割によって他の相続人に代償金を払わないと不公平になります。

4-4.代償金を支払う余裕がある

代償分割を行うには、不動産の取得者が代償金を支払う必要があります。資力がなかったら代償分割できないので、財産取得希望者に資力があるケースで代償分割を行いましょう。

4-5.事業承継のケース

事業承継の際には後継者へ会社株式や事業用の資産を集中させる必要があります。そのときには現物分割か代償分割により、後継者へ必要な資産を取得させましょう。

今回は代償分割について詳しくご説明しました。今後遺産分割を進める上での参考にしてみてください。

(記事は2020年2月1日時点の情報に基づいています)

遺産をそのまま分ける現物分割 手続きが簡単な半面、不公平になる恐れも

遺産を売却して分ける換価分割とは 公平性の一方で資産を失う欠点も