1. 遺産分割にかかる弁護士費用の種類と相場

遺産分割にかかる弁護士費用には以下のような種類があります。依頼する事務所によって大きく変わります。依頼前にしっかり確認しましょう。

1-1. 相談料

弁護士に遺産相続トラブルについて相談したときにかかる費用です。
相場は30分5500円(税込)ですが、無料としている事務所も多数あります。
相談が終わったときにその場で現金やカードで支払うのが一般的です。

1-2. 着手金

弁護士に遺産分割協議や調停などの具体的なアクションを依頼したときにかかる費用です。
依頼と同時に、銀行送金や現金手渡しによって支払います。
金額は20~30万円程度が相場ですが、遺産の価額や内容の複雑さに応じて金額が上がるケースもあります。

1-3. 報酬金

遺産相続問題が解決されたときに支払う費用です。銀行送金や現金手渡し、または弁護士が相手からお金を受け取り、そこから弁護士費用を天引きして清算するケースもあります。
金額は得られた経済的利益に応じた計算となるのが一般的です。
以下では着手金と報酬金のパーセンテージについて相場を示します。

着手金と報酬金計算の早見表
着手金と報酬金計算の早見表

1-4. 実費

実費は、郵便切手代や遺産分割調停を申し立てるときの印紙代など、実際にかかる費用です。
金額はケースによって変わります。
相場として遺産分割協議であれば1~3万円程度、調停を申し立てる場合でも1~5万円程度になるでしょう。ただし遠方の裁判所で調停を行う場合には交通費がかさむので10万円以上かかる可能性もあります。

1-5. 日当

日当は弁護士が出張したときに支払う費用です。出張しなければ発生しないので、0円のケースも少なくありません。
1日出張したら5万円程度となるのが相場です。

1-6. 弁護士費用の具体例

・ケース1
弁護士に遺産分割協議を依頼して1000万円の利益を得られたケース。
相談料 0円
着手金 22万円(税込)
報酬金 129万8000円(税込)
実費 1万円
合計152万8000円(税込)

・ケース2 
弁護士に遺産分割調停を依頼して1500万円の利益を得られたケース。
相談料 0円
着手金 33万円(税込)
報酬金 184万8000円(税込)
実費 3万円
合計 220万8000円(税込)

2. 弁護士費用は誰が支払う?相手に支払わせることは可能?

遺産分割トラブルに巻き込まれると「相手に弁護士費用を払ってもらえないのか?」と考える方も多いでしょう。
基本的に弁護士費用は自分で払わなければなりません。相手の言い分が不当であっても、弁護士費用を払わせられないので「費用は自己負担になる」と理解した上で弁護士に依頼しましょう。

3. 遺産分割を依頼する弁護士の選び方

遺産分割協議や調停を依頼する弁護士を選ぶときには、何を基準にすればよいのでしょうか?
費用だけではなく、見るべきポイントがいくつかあるのでご紹介します。

3-1. 遺産相続案件に力を入れている、実績が高い

日頃から遺産相続案件に力を入れており、実績が高い事務所を選びましょう。すべての弁護士が遺産分割を得意とするわけではありません。HPなどを見て、相続に高い関心を抱いている事務所を探してみてください。

3-2. よく話を聞いてくれる、コミュニケーションをとりやすい

弁護士の人格や相性も重要です。きちんと依頼者の声に耳を傾けてくれてわかりやすく説明してくれる弁護士、コミュニケーションをとりやすい弁護士を選びましょう。

3-3. 明朗会計、リーズナブル

費用ももちろん重要です。後で追加費用が発生して焦らないように、明朗会計の事務所を選びましょう。
金額は、高すぎるのも問題ですが安ければ良いというものでもありません。
サービス内容の割に高すぎない、リーズナブルな費用体系の事務所を探してみてください。

3-4. 複数の事務所を比較する

依頼する弁護士を探すときには、複数の事務所を比較するのがおすすめです。1人の弁護士から話を聞いただけでは、善し悪しを判断しにくいためです。
何人もの弁護士に相談してみて、アドバイス内容や費用などを比較してみてください。
無料相談なら何軒相談しても相談料はかからないので、遠慮せずに利用しましょう。

「相続会議」の弁護士検索サービス

お近くの相続対応可能な弁護士を探す

北海道・東北

関東

甲信越・北陸

東海

関西

中国・四国

九州・沖縄

4. 弁護士費用を用意しにくい場合の対処方法

弁護士費用が高額で用意しにくい場合、以下のような方法で対処できます。

4-1. 分割払いの相談をする

着手金を一括払いできない場合、分割払いの相談をしてみましょう。
多くの事務所で分割払いに応じてくれます。
遺産分割事件は何カ月もかかるケースが多いので、その間月賦で払っていけば問題ありません。遠慮せずに依頼前に「分割払いできませんか?」と尋ねてみてください。

4-2. 無料相談を活用する

弁護士に依頼するときには、無料相談を活用しましょう。
HPに「無料相談可能」と書いてある事務所も多く、それ以外でも個別に問い合わせたら無料相談に対応してくれる事務所があります。
ただし無料となる時間や条件が設定されているケースも多いので、注意しましょう。たとえば「初回30分無料」「初回60分無料」「何度でも無料」など、無料の範囲が事務所によって異なります。時間を超過すると料金が発生する可能性があるので、事前に理解した上で無料相談を利用してみてください。

4-3. 法テラスの民事法律扶助を利用する

所得や資産の少ない方は、法テラスの民事法律扶助を利用できます。
民事法律扶助を利用すると、法テラスを通じて低い金額で弁護士に依頼でき、毎月1万円程度からの分割払いが可能です。
地域の法テラスに相談を申し込んでも良いですし、個別の法律事務所で法テラスと契約している弁護士に直接依頼する方法もあります。まずは電話やメールで問い合わせてみてください。

まとめ

遺産分割の手続きを弁護士に依頼すると、それなりに高額な費用が発生します。
いろいろな弁護士事務所の無料相談を利用して比較検討し、明朗会計であなたの希望に合った弁護士を探してみてください。

(記事は2021年5月1日時点の情報に基づいています)