相続人によって違う法定相続分

  • お父さんが亡くなったら、うちの場合、私と2人の子どもたちが相続人になるのよね。でも、お父さんの財産っていっても、この家とわずかな預金だけでしょ。博士、これを3人で分けろと言われても、誰にどれだけ分けたらいいのかしら。

    母・正子
  • 民法が定める法定相続人には相続する順位があるだけでなく、相続人ごとに遺産を相続する割合の基準も決まっています。これを「法定相続分」といいます。朝日さんのように、配偶者と子どもで相続する場合、配偶者が2分の1、子どもが2分の1になります。子どもが複数いる場合は、2分の1の遺産をさらに子どもの人数で割ります。

    ソーゾク博士
相続人の法定相続分
相続人の法定相続分
  • じゃあ、僕は妹と2人で分けるから、2分の1をさらに半分にして4分の1になるってことか。一人っ子だったら、財産の半分が僕のものだったのになぁ。僕は子どもだっているのに、独身でお金を自由に使える妹と同じだなんて。

    長男・太郎
  • なに言ってるのよ。親の遺産なんて期待せず自分でしっかり働いて子育てしなさいよ。そうそう、ご近所でお子さんがいないお宅は、亡くなった夫のお母さんが健在で、奥さんは義理のお母さんと遺産を分けなきゃいけないと言ってた。その場合も半分ずつ分けるのかしら。

    正子

相続人同士で合意すれば法定相続分通りでなくてもよい

  • お子さんがいない場合は、配偶者と第2順位の父母が相続人になります。相続分は、配偶者が3分の2、親が3分の1です。両親とも健在なら、3分の1をさらに2等分したものが父母それぞれの相続分になります。父母が亡くなっている場合は、第3順位の兄弟姉妹が相続人になります。相続分は配偶者が4分の3、兄弟姉妹は4分の1です。複数いる場合は、4分の1を人数分で分けます。

    博士
  • わが家の場合、大きな財産はこの家と土地でしょ。母さんと僕たちで分けるなら、この家を売ってお金に換えなきゃいけないよね。

    太郎
  • ちょっと、父さんの相続でこの家を売っちゃったら、母さんはその後、どこに住むのよ。

    正子
  • 相続人同士で話し合って納得すれば、遺産を法定相続分の通りに分ける必要はありません。一郎さんの遺産を正子さんがすべて相続することだってできます。残された配偶者が安心して老後の生活を送るためにも、自宅だけでなくすべての遺産を相続するご家族もありますよ。ただ、それでは他の相続人に納得してもらえない場合には、配偶者は「配偶者居住権」という自宅に住み続けられる権利だけを相続し、自宅の所有権は子どもなど他の相続人が相続することもできます。

    博士
  • 母さんの老後のために、遺産の4分の1すらもらえないのか。

    太郎
  • 正子さんの相続では、2人の子どもが法定相続人となって遺産を分けることになるので、太郎さんが2分の1を相続することになりますよ。ただし、子どもたちだけで相続する場合には、もめることも少なくありません。一郎さんだけでなく、正子さんも亡くなった後のことまで見据えておくことが、相続でもめる「争族」の予防になります。

    博士
  • 人生100年時代でしょ。私はまだまだ長生きしますから、夫や子どもたちとじっくり話し合って、私が死んだ時にももめない相続を目指すわ。

    正子

今回の記事のまとめ

・民法では相続人ごとに遺産を相続する割合の基準も決まっている

・配偶者と子が相続人なら、法定相続分は2分の1ずつ

・配偶者と親が相続人なら、配偶者が3分の2、親が3分の1

・配偶者と兄弟姉妹なら、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1

・相続人同士で話し合えば、遺産を法定相続分の通りに分ける必要はない

(今回のソーゾク博士=税理士法人山田&パートナーズ、パートナー税理士清三津裕三さん、構成=相続会議編集部)

(記事は朝日新聞土曜別刷り「be」に掲載した内容を基に掲載しています。2021年7月1日時点での情報に基づきます)