相続手続きについて

①夫が急死、相続人の甥が自宅売却を求めてきた。妻は家に住み続けられない?

夫に先立たれた女性のもとに、法定相続人の甥から「相続人である俺に早くお金をくれ。もしお金がなければ自宅を売ってお金を作ってくれ」と連絡がありました。相続を巡っては、思いもよらぬ事態が起きることもあります。司法書士が、今回の事例を解説してくれました。

②妻なのに亡夫名義の銀行口座の解約ができない…預貯金の仮払い制度を解説

亡くなった夫名義の預貯金を解約するため、女性が銀行に行ったところ、解約できないことを知りました。一体、なぜなのでしょう。

③家族が亡くなったときの手続き一覧。連絡先は?口座や税金の手続きは?

ご家族が亡くなると、公的な手続きや遺産相続など、済ませないといけないことが多岐にわたります。その一つ一つを専門家が解説しました。

④相続手続きに必要な戸籍謄本は最低数種類。前もって取り寄せて 

相続を経験した多くの人が、もっとも大変だったことに挙げるのが「戸籍謄本をそろえること」です。相続人を調べるために必要ですが、多い人では10通以上をそらえないといけないことも。

⑤相続した実家を売却するときの注意点 費用の計算法や税金の特例を解説

相続で実家を引き継いでも、維持管理費や固定資産税を考えて売却を検討する人もいると思います。そこで、売却に伴う税金の仕組みや特例を分かりやすくまとめました。

⑥「争続」の火種は故人との同居の有無。もめやすい理由と解決策を弁護士が解説 

遺産の分割を巡って家族がもめるケースは後を絶ちません。分割はどう進めればいいのか、もし、もめた場合にはどうすればいいのか。専門家が解説します。

⑦相続人がいない遺産には遺言を付けて 国庫に入れられる前にしておきたい事

相続人がいない場合、亡くなった人の遺産は最終的に国庫に納められます。「誰かに財産を引き継ぎたい」と考えると、遺言書の作成がお勧めです。また、相続に精通した専門家を遺言執行者に指定すると、手続きがスムーズに進み安心です。

相続税について

①遺産の大半は預貯金なのに、相続税の納税資金が準備できないことも…。税理士が解説

相続財産が大きくなると、その分、相続税も増えていきます。申告と納税は10カ月以内に済ませないといけません。見落としがちな留意点と対応策を解説します。

②相続税の税務調査を受ける割合は5、6人に1人。調査に来る時期や調査の流れを解説 

相続税の手続きは納税して終わり、ではありません。申告漏れや計算ミスがあると税務調査を招きます。その調査について説明します。前もって知っておけば、いざという時でも安心できるかもしれません。

③相続税納付は死後10カ月以内に。相続人の義務や物納・猶予の方法を解説 
多額の遺産を相続すると、相続税の金額もそれだけ多くなります。支払いは、故人が亡くなってから10カ月以内。大変というイメージを持ちがちな相続税の手続きについてまとめました。