相続トラブル回避の参考に

①遺産の大半は預貯金なのに、相続税の納税資金が準備できないことも…。税理士が解説

相続が起きたとき、遺産の大半が預貯金でも、遺産分割がまとまらなければ、納税資金に困ってしまうケースがあります。相続税の納税期限は相続人の死亡から10カ月以内と定められているからです。納税資金を確保するにはどう対応すればいいのでしょうか?

②家族が亡くなったときの手続き一覧。連絡先は?口座や税金の手続きは?

死亡届提出、年金の支給停止、相続税申告・・・。ご家族が亡くなった時は葬儀の準備だけで無く、様々な手続きが必要になります。行うべきことを、ステップごとに解説します。

③子どもがいない夫婦の相続。配偶者が親・きょうだいとのトラブルを避けるには?

夫婦に子どもがいない場合、どちらかが亡くなって遺産相続が発生するとトラブルになるケースが少なくありません。遺産分割協議で意見が合わないというケースを避ける方法は、遺言が効果的です。

抑えておきたい相続基礎知識

④赤ちゃんへの贈与には契約書が必要?よくある「都市伝説」を税理士が解説

生前贈与をめぐって、「孫名義の預金ですが、税務署から名義預金と言われてしまいますか」という質問がよくあります。家族であっても、契約書を交わした方がいいのでしょうか。

⑤意外と知らない「遺産」。相続できない財産とは?税理士が教えるポイント

遺産は現金や貴金属といったプラスの財産だけでなく、借金などマイナスのものも含まれます。さらに、そもそも相続の対象にならない遺産も少なくありません。

⑥相続した不動産にかかる費用は?名義変更・登記から売却まで整理

不動産を相続した場合は、現金などとは異なり、保有している間も税金や維持管理のためのコストがかかります。どんな費用がかかるのかをまとめました。

相続税対策のポイントは?

⑦はじめて書く相続税申告書。書き方は意外にもシンプル!?

相続税の申告書を書くと思うと身構えてしまいますが、書き方はシンプルです。むしろ添付資料の作成や税額計算の基となる評価額の算定に労力が必要です。

⑧相続税の納税資金、遺言、贈与……今から押さえるべき4つのポイント

相続税対策に頭を悩ませる方は多いと思います。事前に保有財産を把握したり、遺言を残したりするなどの対策が大切です。

⑨相続税の税務調査を受ける割合は5、6人に1人。調査に来る時期や調査の流れを解説

相続税は申告書を出して納税すれば終わりではありません。納税後に税務署の税務調査を受ける割合は5、6人に1人にのぼります。どんな場合に調査を受けるのか、そして調査はどのような流れで行われるのでしょうか。

⑩相続税計算で「贈与金額の計上もれ」に要注意。税務調査を引き寄せる可能性も

相続税を計算する際、生前贈与について相続人の間でトラブルになることがあります。甘く見てはいけない「贈与金額の計上もれ」について、詳しく解説します。