検索条件変更

都道府県

市区町村

相談内容

こだわり条件

朝日新聞社運営 相続会議 相続に強い司法書士がみつかる 司法書士検索サービス! エリアから簡単検索 無料相談OK事務所も 朝日新聞社運営で安心

東京都 目黒区の相続登記に強い司法書士事務所 一覧

東京都 目黒区の相続登記に強い司法書士事務所一覧です。相続会議の「司法書士検索サービス」では、東京都 目黒区の相続登記に強い司法書士事務所を一覧で見ることが出来ます。相続のトラブルやお悩みを抱えている方は一度近隣の司法書士に相談してみましょう。

もっと見る

121件中 61~90件を表示

各事務所の詳細情報とお問い合わせフォームは別ウィンドウで開きます

東京 目黒区所在・近隣の司法書士事務所

「相続会議」の司法書士検索サービス

相続対応可能な司法書士をお探しなら

「相続会議司法書士検索サービス」に関する ご利用上の注意をご確認下さい

「相続会議司法書士検索サービス」への掲載を希望される場合はこちらをご確認下さい

対応可能な業務内容は直接司法書士事務所にお問い合わせください

東京都 目黒区で相続に強いその他の専門家

相続トラブルが発生している場合は要注意!!

遺産分割協議がまとまらない!遺言書の内容に納得できない!
相続放棄したい!という悩みは弁護士への相談をおすすめします。

相続税の申告や、生前の相続税対策は税理士へ

特に相続トラブルなどがなく、相続税の申告をスムーズにおこないたい、相続税の支払いや対策を検討したいという場合は税理士へのご相談がおすすめです。

目黒区で相続登記を司法書士に相談する

司法書士は相続登記に強い印象がありますが、そのほかにも相続放棄や遺産分割協議書の作成、口座の名義変更など、相続に関する幅広い業務に対応することができます。そのため、弁護士に依頼するべき相続トラブル以外の場合は、初めに司法書士へ相談するとあらゆる相続手続きをワンストップで対応してもらえるでしょう。また、成年後見や家族信託などの生前対策に強い司法書士事務所もありますので、老後の財産管理に不安のある方は一度相談してみることをおすすめします。目黒区にも相続に強い司法書士事務所や相続の相談に応じている窓口が多数あるため、その中から自分にあったアドバイザーを探し、理想通りの相続を実現しましょう。

目黒区の特徴と相続が相談できる司法書士事務所

目黒区は東京都に23ある特別区の1つで、2022年10月時点での人口は約27.8万人と増加が続いています。 区内にはJR山手線や東急線、東京メトロ、京王線が走っているため渋谷や恵比寿方面へのアクセスがよく、通勤・通学利便性の面から居住地として選ばれることの多い地域です。また、目黒区には大企業の本社が多く、特に目黒駅や中目黒駅周辺にはオフィスビルや商業施設が点在しています。目黒区内に土地やマンションを持っている場合は、相続時に相続登記が必要になるため、司法書士へ相談することを検討しましょう。

令和2年における目黒区の高齢者割合は19.4%と、全国平均の28.0%と比較すると大幅に低い値となりました。しかし、高齢者の割合はこれからも増加していくと予想されるため、高齢者がいるご家庭では認知症になる前に生前対策として家族信託や成年後見制度の利用を司法書士に相談してみることをおすすめします。

目黒区には中目黒駅や学芸大学駅を中心にまんべんなく司法書士事務所が点在しています。また、自由が丘駅周辺にも相続に強い司法書士事務所があるようです。

このように区内には司法書士事務所が多く、電車を利用すれば周辺区部にある司法書士事務所にもアクセスすることができます。選択肢が広いため、どのような事務所に相談するべきかわからないという方も多いのではないでしょうか。ご自宅からの近さだけでなく、少しエリアを広げて対応の良さやサービス内容にも目を向けることが事務所選びのポイントです。手続きを一括で代行してくれる“おまかせパック”がある事務所などもご検討ください。

目黒区の相続登記や成年後見制度に関する相談窓口

目黒区の相続登記、成年後見、認知症の相談窓口

2022年現在、目黒区では区民が抱える問題について、専門相談員が問題に応じた情報提供やアドバイスをしてくれる窓口を設けています。遺産分割や遺言、相続登記に関するお悩みを相談することができる窓口もあるため、お困りの方はこのような窓口を利用してみるのもよいでしょう。予約方法や相談会場などは目黒区のウェブサイトからご確認ください。

また、目黒区には権利擁護センター「めぐろ」があり、こちらの窓口では成年後見制度に関する情報提供や支援を行っています。認知症等になった後の財産の処分や管理などに不安を抱えている方は、このような窓口を利用してみるのもよいでしょう。

東京司法書士会、法テラスなどの相続登記、成年後見などに関する相談窓口

東京司法書士会でも相続や遺言に関する相談に応じています。四谷にある総合相談センターでの対面相談や、電話・オンラインによる相談窓口もあるため、誰でも気軽に相談することができます。予約方法などの詳細については東京司法書士会のウェブサイトでご確認ください。

■東京司法書士会
所在地:東京都新宿区四谷本塩町4-37 司法書士会館2階
TEL:03-3353-9191

さらに、経済的にお困りの方は法テラスを利用することもできます。23区内には新宿区と台東区に法テラスがあり、相談しやすい窓口を選ぶことができます。なお、法テラスでの法律相談の利用には収入等の条件がある点に注意が必要です。

■法テラス東京
所在地:東京都新宿区西新宿1-24-1 エステック情報ビル13階
TEL:0570-078301

■法テラス上野
所在地:東京都台東区上野2-7-13 JTB損保ジャパン上野共同ビル6階
TEL:0570-078304

このように、目黒区には相続に悩む区民向けに多くの相談窓口があります。しかし、これらの窓口は一人当たりの相談時間が短く、複雑な問題や時間のかかる案件には対応しきれない場合もあります。そのため、安全に問題の解決までサポートしてもらいたい場合は、やはり一般の司法書士事務所に相談するのがよいでしょう。目黒区周辺には初回相談を無料で行っている司法書士事務所 や、他士業と連携して業務を行なっている司法書士事務所 もありますので、最適な相談先を見つけるためにも併せてご検討してみてください。

目黒区を管轄する法務局

法務局では遺言書の保管や相続した不動産の相続登記をすることができます。目黒区は渋谷区役所近くにある東京法務局渋谷出張所が管轄しているため、相続登記をする際はこちらに出向いて手続きを行います。

相続登記の手続きは自分で行うこともできますが、不慣れな手続きでは思った以上に時間と労力がかかります。一から勉強して必要書類を用意したり、不備がないように確認したりする手間を考えると、司法書士に代行してもらうメリットは大きいでしょう。

目黒区周辺の司法書士に相続登記を依頼した場合の費用は、4万円程度からとなっています。 初回相談を無料で行っている司法書士事務所もありますので、うまく活用して代行にかかる費用の目安をチェックしてみるとよいでしょう。

■東京法務局 渋谷出張所
所在地:東京都渋谷区宇田川町1-10 渋谷地方合同庁舎内
TEL:03-3463-7671
JR線・東急線・営団地下鉄線・京王井の頭線「渋谷駅」より徒歩約10分

目黒区を管轄する家庭裁判所

家庭裁判所では相続放棄の申述や成年後見の申立、遺言書の検認などに対応しており、目黒区の案件は東京家庭裁判所が管轄しています。

これらの手続きは自分で行うこともできますが、司法書士などの専門家に依頼することも可能です。弁護士は申立人の代わりに裁判所へ申立てや連絡を行うことができますが、司法書士の場合は直接裁判所へ申立てをしたり、裁判所と連絡を取ったりすることができません。そのため、司法書士に必要書類を作成してもらってからは本人がその書類を提出し、裁判所とのやりとりを行うことになります。弁護士に依頼するよりも手間はかかりますが、その分費用を安く抑えられるケースが多いため、気軽に相談できるというメリットがあります。緊急の案件でない相続放棄や遺言書の検認の場合は、まず司法書士に相談をしてみて、必要に応じて弁護士への依頼も検討するという流れがよいでしょう。司法書士事務所の多くは弁護士と連携しているため、司法書士で対応できない案件はスムーズに弁護士につないでもらえる可能性があります。

■東京家庭裁判所
所在地:東京都千代田区霞が関1-1-2 中央合同庁舎6号館C棟
TEL:取り扱い事項により異なります。(相続放棄や遺言書検認の場合は03-3502-8331、遺産分割の申立ての場合は03-3502-5378、成年後見・保佐・補助・未成年後見の申立ての場合は03-3502-5359または03-3502-5369)
地下鉄東京メトロ丸ノ内線「霞ヶ関駅」B1a出口より徒歩約1分

目黒区で相続に強い司法書士をお探しの方へ

目黒区やその周辺には相続に強い司法書士事務所があるだけでなく、行政や司法書士会で行っている相談窓口などもあり、相続で悩む区民へのケアが充実しています。しかし、法務局の出張所や家庭裁判所が区内にないため、相続登記や遺言書の検認などを行う際は司法書士に依頼したほうがスムーズでしょう。

相続はその人の一生分の財産を精算する行為ですので、複雑な手続きや時間のかかる手続きも多くあります。しかし、相続手続きに長い時間がかかってしまうとトラブルへつながるケースもあるため、円滑な相続手続きの実現には司法書士への依頼をご検討ください。また、生前であれば成年後見や家族信託をなどの対策を取っておくことも大切です。認知症になると自分の財産を動かせなくなるリスクがあるため、なるべく早く検討したほうがよいでしょう。

相続について無料相談に応じている司法書士事務所もありますので、まずはお気軽に相談してみてください。

最終更新日:2022年11月7日

メンバー 検索 Facebook Instagram LINE Mail Mail Magazine Twitter Web Site YouTube Lawyer Tax accountant Judicial scrivener Estate icon_mail icon_tel