100坪の広さはどれくらい?

100坪の土地を相続した方の中には、100坪の広さをイメージできない方もいらっしゃるでしょう。
100坪の広さをわかりやすく表現してみると、以下のようになります。
・畳200畳分
・6レーンの25mプール1つ分
・家を建てる場合は、かなり広い家を建てることができる
・マンションにするには狭い
土地活用として考えた場合、一戸建て賃貸を検討するには広く、アパートやマンションによる活用ではやや狭いと感じることが多いでしょう。
売却を考えるのであれば、2つか3つに分筆して売却することを検討してもよいかもしれません。

活用方法は地域によって異なる

ちょうどいいと思われる土地の広さは地域によって異なるため、100坪の土地のベストな活用法も地域によって異なるでしょう。
例えば、都市部では100坪の土地に一戸建てを建てるには広すぎますが、地方郊外では100坪以上の土地に平屋を建てることも珍しいことではありません。
また、土地活用の種類によっても異なります。例えば、アパートであれば駅から近い土地が向いています。
一方、太陽光発電であれば集客を気にしなくてよいため、郊外の土地でも活用しやすいといえるでしょう。
このように、土地の活用法を決める際には、その土地の特徴や需要を抑えておくことが大切です。

地域別の土地活用方法

ここでは、地域別におすすめできる土地活用方法についてお伝えしていきます。

都市部

都市部の土地の場合、アパート経営や貸店舗・オフィスなどがおすすめです。
人が多く集客につなげやすいため、居住用施設や商業施設としての活用が向いているでしょう。
また、地価が高いため、階数の高い建物を建てて縦に活用しやすい施設がおすすめです。

都市郊外

都市郊外の土地であれば、一戸建て賃貸やアパート経営、駐車場経営、トランクルーム、コインランドリー、高齢者施設などがおすすめです。
都市部へのアクセスが良好なため、居住用施設やそれに付随する駐車場、トランクルーム、コインランドリーといった施設が向いているといえます。

地方都市

地方都市の土地の場合、都市部と同じくアパート経営や貸店舗・オフィスなどの活用がおすすめです。
都市部よりも人は多くはなく、また地価も低いですが基本的な特徴は同じだといえます。

地方郊外

地方郊外の土地は、高齢者施設や太陽光発電による土地活用がおすすめです。
地方郊外の土地では集客を期待できないため、太陽光発電は向いているといえます。
また、高齢者施設は入居者が普段からあまり外出せず、自然の多い場所にある施設への入居を望む方もいることから、活用法として検討できるでしょう。

留意すべきこと

最後に、100坪の土地を活用する際に留意すべきことをご紹介します。
・用途地域を確認しよう
・建ぺい率や容積率を確認しよう

用途地域を確認しよう

用途地域とは、エリアごとに建てられる建物の種類などを定めるものです。
この用途地域により建てられる建物が制限される点に注意しなければなりません。
例えば、第一種・第二種低層住居専用地域の場合、貸店舗やオフィスを建てる際には、その広さに制限が課されてしまいます。
また、どの建物を建てるにしても、高さ10mまたは12m以下のものしか建てられません。
土地活用を考える際には、事前に土地の用途地域を確認しましょう。

建ぺい率や容積率を確認しよう

用途地域と併せて確認しておきたいものが、建ぺい率や容積率です。
建ぺい率とは敷地面積に対する建築面積の割合のことであり、容積率とは敷地面積に対する延べ床面積の割合のことです。これらは、用途地域ごとに上限が定められます。
例えば、100坪の土地で容積率が60%のエリアの場合は、延べ床面積60坪までの建物が建てられます。
建ぺい率や容積率についても、用途地域と同様、事前に確認しておくことが大切です。

まとめ

100坪の土地の土地活用について、地域ごとにおすすめの土地活用法や注意点などご紹介しました。
相続した土地の広さが100坪程度あり、活用法に悩んでいるという方は本記事の内容を参考にされてみてください。

(記事は2021年4月1日時点の情報に基づいています)