検索条件変更

都道府県を選択

相談内容

こだわり検索軸

全国掲載件数761件!

滋賀の相続財産調査に対応可能な弁護士事務所一覧
1

相続に関するお悩みなら相続会議の「弁護士検索サービス」!

滋賀の相続財産調査に対応可能な弁護士事務所一覧です。相続会議の「弁護士検索サービス」では、滋賀の相続財産調査に対応可能な弁護士事務所を一覧で見ることが出来ます。相続のトラブルやお悩みを抱えている方は一度近隣の弁護士に相談してみましょう。

市区町村で対応可能な弁護士を探す

1件中 1~1件を表示

各事務所の詳細情報とお問い合わせフォームは別ウィンドウで開きます

  • 【草津駅徒歩8分】フットワーク軽く、スピーディに相続問題を解決へと導きます

    弁護士法人 田中彰寿法律事務所 草津支部(弁護士 酒井 謙介)

    • 駐車場あり
    • 19時以降TEL可
    • 土日祝OK
    • リモート対応可
    • 全国出張対応可
    弁護士法人田中彰寿法律事務所草津支部は、JR「草津駅」から徒歩8分の位置にある法律事務所です。平日は9時から20時まで、土日祝日は9時から18時まで営業し... 続きを読む
    最寄駅
    JR「草津駅」徒歩8分
    所在地
    〒525-0027 滋賀県草津市野村2-10-16 地図
    対応エリア
    滋賀

    050-5385-9131

    受付時間 9:00~20:00

「相続会議」の弁護士検索サービス

相続対応可能な弁護士をお探しなら

「相続会議弁護士検索サービス」に関する ご利用上の注意をご確認下さい

「相続会議弁護士検索サービス」への掲載を希望される場合はこちらをご確認下さい

相続税の申告や、生前の相続税対策は税理士へ

特に相続トラブルなどがなく、相続税の申告をスムーズにおこないたい、相続税の支払いや対策を検討したいという場合は税理士へのご相談がおすすめです。

相続手続きや、不動産の名義変更は司法書士へ

相続人調査や預貯金の解約手続き、不動産の名義変更、相続放棄など、
相続にまつわる手続き全般は司法書士へのご相談がおすすめです。

滋賀県の相続

滋賀県の相続とトラブル

相続の際、亡くなった人が遺言を残していない場合、子どもら相続人で遺産分割の方法を話し合って決めなければなりません。しかし、合意できない場合には、遺産分割調停を申し立てることになるかもしれません。
滋賀県で2019年にあった遺産分割事件のうち、認容・調停が成立した件数は総数で73件でした。遺産の種類別でもっとも多かったのは、「現金等」の20件でした。このほかは、「土地・建物・現金等」が18件、「土地・建物・現金等、動産その他」が10件でした。価額別では、1000万円以下が最多で33件、5000万円以下が29件、1億円以下が6件でした。1000万円以下のうち、14件が「現金等」、「土地・建物・現金等」が5件でした。5000万円以下では、「土地・建物・動産その他」が8件で最多となり、「現金等」と「土地・建物」がそれぞれ5件ありました。滋賀県の特徴は「現金等」が多い傾向にあります。現金は、相続人同士で平等に分割できるのですが、トラブルが起きないとは言い切れません。亡くなった親の介護や進学などで、一部の相続人が不平等を感じることがあると、多めにもらいたいと主張することもあるかもしれません。遺産分割が行き詰まった際には、早めに弁護士に相談してみてください。
相続のトラブルを未然に防ごうと、遺言を書いておこうとする人もいるかもしれません。一般的に、遺言には自筆証書遺言と公正証書遺言の2種類があります。このうち、公正証書遺言は、「法律のプロ」と言われる公証人が作ってくれるので、法的な有効性が担保されます。滋賀県内では、2016年に763件作られており、その後は2017年に748件、2018年に782件、2019年に834件と増加傾向にあります。公正証書遺言を作れる公証人役場は、以下の3カ所があります。作成するのにあたっては、前もって、一度、電話で相談してみてください。

  • 大津公証役場(大津市)
  • 長浜公証役場(長浜市)
  • 近江八幡公証役場(近江八幡市)

滋賀県で弁護士に相談する

遺言の作成や遺産分割調停など、相続にまつわるさまざまなシーンに対応できるのが弁護士です。滋賀弁護士会には、2019年4月1日現在、149人が所属しています。同弁護士会では、法律相談を実施しています。大津地区(大津市、草津市、守山市、栗東市、甲賀市、湖南市、野洲市、高島市)にお住まいの方は、滋賀弁護士会館または担当弁護士の事務所が相談場所になります。住所が彦根地区(彦根市、長浜市、近江八幡市、東近江市、米原市、蒲生郡、愛知郡、犬上郡)にある方は、彦根・長浜地区にある担当弁護士事務所になります。まずは、同弁護士会法律相談センターに問い合わせてみてください。

滋賀県の特徴

令和2年の国勢調査で、滋賀県の人口は141万3610人で、前回の調査より694人増えました。年齢別では、年少人口(15歳未満)が19万1369人(総人口の13.9%)、生産年齢人口(15~64歳)が82万4781人(同59.7%)、老年人口(65歳以上)が36万5311人(同26.4%)でした。割合をみると、年少人口が全国で2位、老年人口が低い順で全国5位。平均年齢が45.9%で低い順で全国4位となりました。市町別では、県庁所在地の大津市が34万5070人でした。次いで、長浜市が11万3647人、東近江市が11万2819人という結果になりました。
総務省統計局がまとめた「2019年全国家計構造調査」の都道府県別年間収入で、滋賀県の総世帯における金融資産残高は、1445万8000円で、全国で7番目でした。年間収入は604万3000円で6番目、世帯主が65歳以上の世帯における金融資産残高は、2058万2000円では7番目でした。いずれも全国で10位以内に入っており、滋賀県は比較的、経済的に恵まれた地域と言えるかもしれません。遺産が多い場合には、相続対策として生前贈与の活用を検討している方もおられるかもしれません。そういった際、贈与契約など、必要な手続きもあります。まずは、弁護士に相談してみてください。

滋賀県の特徴

令和2年の国勢調査で、滋賀県の人口は141万3610人で、前回の調査より694人増えました。年齢別では、年少人口(15歳未満)が19万1369人(総人口の13.9%)、生産年齢人口(15~64歳)が82万4781人(同59.7%)、老年人口(65歳以上)が36万5311人(同26.4%)でした。割合をみると、年少人口が全国で2位、老年人口が低い順で全国5位。平均年齢が45.9%で低い順で全国4位となりました。市町別では、県庁所在地の大津市が34万5070人でした。次いで、長浜市が11万3647人、東近江市が11万2819人という結果になりました。
総務省統計局がまとめた「2019年全国家計構造調査」の都道府県別年間収入で、滋賀県の総世帯における金融資産残高は、1445万8000円で、全国で7番目でした。年間収入は604万3000円で6番目、世帯主が65歳以上の世帯における金融資産残高は、2058万2000円では7番目でした。いずれも全国で10位以内に入っており、滋賀県は比較的、経済的に恵まれた地域と言えるかもしれません。遺産が多い場合には、相続対策として生前贈与の活用を検討している方もおられるかもしれません。そういった際、贈与契約など、必要な手続きもあります。まずは、弁護士に相談してみてください。

メンバー 検索 Facebook Instagram LINE Mail Mail Magazine Twitter Web Site YouTube Lawyer Tax accountant Judicial scrivener Estate icon_mail icon_tel