検索条件変更

都道府県を選択

相談内容

こだわり検索軸

全国掲載件数219件!

栃木の相続放棄に対応可能な弁護士事務所一覧
2

相続に関するお悩みなら相続会議の「弁護士検索サービス」!

栃木の相続放棄に対応可能な弁護士事務所一覧です。相続会議の「弁護士検索サービス」では、栃木の相続放棄に対応可能な弁護士事務所を一覧で見ることが出来ます。相続のトラブルやお悩みを抱えている方は一度近隣の弁護士に相談してみましょう。

2件中 1~2件を表示

各事務所の詳細情報とお問い合わせフォームは別ウィンドウで開きます

  • 【宇都宮駅から徒歩9分】6名の弁護士の力を結集し、適切な解決へと導きます

    弁護士法人宇都宮東法律事務所

    • 初回¥0
    弁護士法人宇都宮東法律事務所は、宇都宮駅から徒歩9分。6名の弁護士が在籍し、平日は19時まで相談受付。初回相談は60分無料です。相続でお困りのことがありま... 続きを読む
    最寄駅
    JR「宇都宮駅」徒歩9分
    所在地
    〒321-0953 栃木県宇都宮市東宿郷4-1-20 山口ビル4階 地図
    対応エリア
    栃木

    050-5268-8533

    現在営業中

    受付時間 9:00~19:00

  • 【東武宇都宮駅徒歩10分】司法書士資格も有する弁護士が相続を総合的にサポートいたします

    加藤法律事務所

    • 初回¥0
    加藤法律事務所は、東武鉄道「東武宇都宮駅」から徒歩10分の位置にある、宇都宮市内にお住まいの方がご利用しやすい弁護士事務所です。平日は10時から18時まで... 続きを読む
    最寄駅
    東武鉄道「東武宇都宮駅」徒歩10分
    所在地
    〒320-0036 栃木県宇都宮市小幡2-2-11 第2有貴ビル2階 地図
    対応エリア
    栃木

    050-5268-8576

    受付時間 10:00~18:00

「相続会議」の弁護士検索サービス

相続対応可能な弁護士をお探しなら

対応エリアから探す

「相続会議弁護士検索サービス」に関する ご利用上の注意をご確認下さい

「相続会議弁護士検索サービス」への掲載を希望される場合はこちらをご確認下さい

栃木県の相続

栃木県の相続事情と相続トラブル

栃木県内における遺産分割事件のうち認容・調停が成立した件数は、令和元年で108件ありました。この数字は、関東1都6県では、もっとも少ないものです。このうち、遺産の種類別では、「土地・建物・現金等」が32件で3割近くを占めました。次に多かったのは、「現金等」の21件、「土地・建物・現金等・動産その他」が16件ありました。
遺産の価額別では、5000万円以下が47件、1000万円以下が41件で大差がなく、次いで、1億円が10件という結果になりました。5000万円以下と1000万円以下が大半を占めている点は、ほかの県にもみられる傾向です。遺産の価額が少ないからと言って、トラブルも起きないとは限らないようです。遺産を巡るトラブルは、終わりを迎えるまでに多くの時間を費やすばかりか、家族間にしこりを残すこともあります。そうならないため、被相続人の立場になる人としては、遺言を書いておいたり、生前贈与を活用したりして、対策を講じておくことも大切です。

栃木県で弁護士に相談する

栃木県弁護士会には、令和3年4月1日現在、227人の弁護士と20の弁護士法人が所属しています。宇都宮本庁のほかに、足利、大田原、栃木、小山の計5カ所で法律相談センターを開設しています。このほかにも、県内の市役所といった公的施設で無料相談会を実施。また、栃木県弁護士会館などで、5500円の相談料がかかる有料相談会も開いています。いずれも予約制なので、前もって電話してみてください。
弁護士のほかに、法律のプロとして知られているのが「公証人」です。検察官や裁判官などを経験した人たちで、公正な第三者的な立場で文書を作成してくれます。特に、公正証書遺言は、確実性が担保されていることもあり、近年、関心が高まっています。栃木県内では、2016年に1284件だったのが、2017年に1382件、2018年に1323件、2019年に1320件と、微増傾向にあります。
今後、高齢化が進むのに伴って、相続への関心も高まることを考えると、作成件数は増えていく可能性もあります。栃木県内には、宇都宮市、足利市、小山市、大田原市の計4つの公証役場があるので、興味を持たれた際には、一度、相談してみてください。

栃木県の特徴

栃木県の令和2年1月1日の人口は、196万5516人でした。このうち、県庁所在地の宇都宮市に、総人口の3割近くにあたる約52万人が住んでいます。このほかは、小山市(約17万人)、栃木市(約16万人)などとなっています。人口を年齢別に分類すると、65歳以上の老年人口が約56万人にのぼり、総人口の約28%を占めています。
総務省統計局が発表した2019年全国家計構造調査によると、栃木県内の総世帯の年間収入は、約580万円で都道府県別では14番目で、家計資産の総額は約2190万円で25番目に位置しています。金融資産残高は、28番目の約1180万円でした。世帯主が65歳以上の世帯における金融資産残高は、19番目の約1674万円という結果になりました。65歳以上の世帯が所有する金融資産残高が、比較的多い点に着目すると、今後、高齢化が進んだ時、遺産の額も高くなっていくかもしれません。早めに準備を考えてみてください。

栃木県の公示地価と路線価

令和3年の栃木県内における公示地価は、全用途平均が29年連続で下落しました。住宅地でもっとも高かったのは、宇都宮宿郷5丁目9番9号で13万2000円/㎡と、前年から1.5%伸びました。商業地では、東宿郷1丁目4番1の37万5000円/㎡がもっとも高く、前年比プラス2.2%という結果になりました。
令和3年分の最高路線価は、宇都宮市宮みらい(宇都宮駅東口駅前ロータリー)の30万円/㎡で、前年より3.4%上昇しました。その後は、小山市中央町3丁目(小山駅西口ロータリー)の12万5000円/㎡、足利市朝倉町(国道293号線)が6万1000円/㎡と続きました。
相続では、土地や建物といった不動産が遺産に含まれることが多くあります。たとえ小さい土地であったとしても、その評価次第で、相続税の有無が左右されることがあります。不動産を相続する場合、どれぐらいの規模になるのか、いざという時に慌てないためにも、一度、計算してみて、おおよその価額を把握しておくといいでしょう。

メンバー 検索 Facebook Instagram LINE Mail Mail Magazine Twitter Web Site YouTube Lawyer Tax accountant Judicial scrivener Estate icon_mail icon_tel