駐車場経営で起こりがちなトラブル

駐車場経営で起こりがちなトラブルとして以下のようなことが挙げられます。

  • 無断駐車や放置車両、料金未払い
  • 盗難や借主同士のいざこざ、事故
  • ごみ投棄や近隣からの苦情

特に月極駐車場の場合は長期的な契約ということもあり、借主同士のいざこざや盗難、事故などのトラブルが起きやすく、一方でコインパーキングの場合は機器が作動しない場所で駐車するなど、料金未払いや無断駐車などのトラブルが起こりやすいといえます。もちろん、いずれのトラブルについても月極駐車場、コインパーキングどちらでも発生する可能性があるでしょう。

トラブルが起きたときの対処方

ここでは、よくある以下3つのトラブルに絞って対処法をお伝えしていきたいと思います。

  • 料金未払いに関するトラブルの対処法
  • 事故に関するトラブルの対処法
  • 近隣からの苦情に関するトラブルの対処法

料金未払いに関するトラブルの対処法

料金未払いに関するトラブルについては、月極駐車場とコインパーキングで異なります。月極駐車場に関しては、契約時に滞納せずしっかり支払ってくれるかどうか見極めることが求められるでしょう。どうしても滞納が続くようであれば、特に個人経営でやっている場合は不動産会社に管理を委託することも検討すべきでしょう。

一方、コインパーキングの場合は料金看板の表示が分かりにくいことが問題で料金未払いとなるケースが多いようです。こちらについてはしっかり原因を特定して該当の部分を分かりやすく変えるといった対処を考えるとよいです。

事故に関するトラブルの対処法

駐車場内で車同士が接触したり、壁やフェンスなど駐車場内の設備が破損したりという事故トラブルが起こることもあるでしょう。もちろん、意図的な事故であれば事故を起こした人に責任を取ってもらうことになります。しかし、意図的な事故でない場合にはオーナーが責任を問われることもあります。

事故に対する対処法としては事故が起こりにくいレイアウトにすることを考えるとよいでしょう。これについては、各市区町村で策定される駐車場施設整備計画を参考にすることをおすすめします。例えば、東京都の場合以下のURLで確認できます。

参考:総合駐車対策マニュアル-総合的な駐車対策の推進- 第4章駐車施設整備計画編

その他、最初の段階で不動産会社やコインパーキングの専門業者に相談しておけば、レイアウトに関するアドバイスを貰えるでしょう。

近隣からの苦情に関するトラブルの対処法

近隣からの苦情に関するトラブルについては、クレーマーの可能性もあるため必ずしも全てに対処する必要はありません。しかし、基本的には受け取った苦情に関しては真摯に対応することが大切です。個人経営の場合には苦情を受け取ったら迅速に対処するようにしましょう。一方、あまりにも苦情が多いようであれば不動産会社に管理を委託して対処してもらいながら、改善していくことも考えなければなりません。

トラブルを未然に防ぐための5つのポイント

トラブルの対処法についてお伝えしました。それぞれ、トラブルが発生したら適切に対処することが大切ですが、それ以前に未然に防ぐよう対策しておければそれに越したことはありません。これについては、具体的には以下の5つのポイントを押さえておくとよいでしょう。

  1. 管理業者に委託する場合は経験豊富な業者を選ぶ
  2. 料金未払いの対策として契約時に保証人を求める
  3. 場合によっては一括前払い制の導入を検討する
  4. 事故が起こりにくいレイアウトにする
  5. 駐車場側に責任がないことを規約に明記する

まずはできるだけトラブルが起こらないように準備しておくと共に、いざトラブルが起こってしまった場合には損失ができるだけ少なくなるようにすることが大切でしょう。

駐車場経営のトラブルについてよくあるトラブル例と対処法、未然に防ぐための5つのポイントについてお伝えしました。トラブルは起こらなければそれが一番ですが、対策する際には起こることを前提に、どうすれば少しでもトラブルが起こらないようにできるか、また起こってしまった場合にできるだけ損害を少なくするにはどうすればよいかを考えることが大切です。駐車場経営に現在取り組んでいる方、これから始めようと思っている方はぜひ本記事の内容を参考にしてください。

(記事は2021年2月1日現在の情報に基づきます)