ハウスメーカーに依頼するメリットは?

アパート経営を考えるにあたって、ハウスメーカーにはどのような特徴があり、ハウスメーカーを選ぶメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

■ハウスメーカーとは、どんな会社か
ここではアパート建築を検討するにあたり、候補となる依頼先についてその種類ごとに特徴を見ていきたいと思います。

・ハウスメーカー
ハウスメーカーは、戸建住宅や賃貸住宅の建築を行う会社のことで、多くの場合全国展開しています。基本的にはどの地域でも同じクオリティの商品を提供しており、施主は都心でも地方でも多数の商品ラインナップの中から好きな商品を選べるようになっています。建築棟数が多いことから1つ1つの建築資材を低価格で提供しやすく、また自社で独自の設備を開発しているケースもあるでしょう。
また、施工だけでなく建物管理や賃貸経営のサポートまで受けられることも多い点も特徴だといえます。

・工務店
主に地域密着で戸建住宅や賃貸住宅を建築している会社のことを指します。地域にあった商品を提供しやすく、オーダーメイドの家づくりを得意としています。また、施主の要望に合わせてある程度柔軟に対応してくれるといったメリットがありますが、ハウスメーカーのように全国展開による建築設備の低価格化や独自開発設備などは多くありません。
会社によっては建物管理や賃貸経営のサポートを受けられるケースもありますが、サービスの質にばらつきがあるため、過去の実績などよく確認する必要があるでしょう。

・設計会社
戸建住宅や賃貸住宅の設計のみを行う会社のことで、オリジナリティの高い建物を建てられる可能性が高いでしょう。一方でハウスメーカーや工務店と異なり、建築価格の5~10%程度の設計料を別途支払う必要があるのに加え、大量発注による資材の低価格化を望めません。
総じて建築費が高くなる可能性が高い点に注意が必要です。また、建物管理や賃貸経営のサポートについても別途管理会社を探す必要があります。

■ハウスメーカーに頼むメリット
ハウスメーカーにアパート建築を依頼するメリットとしては、商品ラインナップの豊富さや規模の大きさ、ブランド力、各種サービスが充実していることなどが挙げられるでしょう。

ハウスメーカーの多くは全国展開していることもあり、都心でも地方でも共通の商品ラインナップの中から商品を選べるようになっています。同様の商品を他の地域で建てた際の反応や経験が商品にフィードバックされていることが多く、安心して商品を選びやすい点もポイントだといえます。

各種サービスについては、例えばアパート経営を検討している際、モデルルームなど実物を見て建築を決められることも多い点などが挙げられます。また、設計だけでなく施工から管理までワンストップで依頼できるというのも大きなメリットです。

■ハウスメーカーの建築・管理費用は一般的に高いのか、アパートのデザイン性は?
アパートの建築費については大量発注により建築資材を比較的安価に仕入れられる一方、広告費や人件費が高いことから比較的高い傾向にあります。管理費についても高い水準のサービスが受けられる可能性が高いものの、やや割高になることが多いでしょう。

デザインについては決められたデザインの中から選ぶ必要があり、あまり大きくは変更できないことが多いです。ただし、先述の通りすでに全国の他の地域で建てられており、人気のデザインが残っていくという性質上、洗練されたものが多いという特徴があります。用意された商品ラインナップの中から選ぶ形でも気に入ったものが見つかる可能性は高いといえるでしょう。

■どんなオーナーに向いている?
アパートを建築するにあたりハウスメーカーがおすすめのオーナーは、「多少割高でも安心でき、かつ品質の高いアパートを建築したい方」に向いているといえます。ハウスメーカーのアパートは、商品ラインナップが豊富な一方で、設計の自由度が比較的低いという特徴があります。
一方で、それらの商品はすでに全国で建てられており、さまざまなフィードバックを取り入れたものであることが多く、高品質かつ失敗の少ないアパートを建てやすいといえるでしょう。

失敗しないメーカー選び

アパート建築をハウスメーカーに依頼するにあたり、どのような点に気を付けるとよいのでしょうか。ここではいくつかの項目に分けて解説していきたいと思います。

■ハウスメーカーによって異なる得意なジャンル
アパートには木造や軽量鉄骨などありますが、依頼するハウスメーカーによって得意なジャンルは異なります。例えば、全国展開している規模の大きなハウスメーカーだとプレハブ工法のアパートを得意としていることが多いです。

一方で、戸建住宅での経験を活かして木造アパートの建築を得意としている会社もあります。ハウスメーカーはカタログが充実していることも多いので、あらかじめカタログを取り寄せておき、しっかり情報を集めておくとよいでしょう。

■まずどこに行って何を見て、何をヒアリングすればいいか
ハウスメーカーの場合、アパートのモデルルームが用意されていることが多いので、まずは実際に建物を見てみることをおすすめします。また、過去にアパートを建てられたOB施主の紹介を受けられるケースも多いため、問い合わせしてみるとよいでしょう。インターネットの口コミなども参考にすることをおすすめします。

管理も依頼するメリット

ハウスメーカーに建築を依頼した場合、建物完成後はそのままハウスメーカーに管理を依頼することもできますし、管理を専門とする業者に変更することもできます。このうち、前者を選択するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

■満室保証
ハウスメーカーの中には満室保証があるケースがあります。満室保証とは一定期間の募集期間を設定して、その期間中に満室にならなかった場合に、満室分の賃料が支払われるシステムのことです。アパートの新築を考えている方にとって、「建築後に誰も入居しなかったらどうしよう」という不安を感じる方は多いでしょう。そうした方にとっては魅力的に映るサービスなのではないでしょうか。なお、募集期間中に一度でも満室になったら通常の管理システムに変更されます。

■アフターサービス
施工してもらったハウスメーカーにそのまま管理を委託することで、物件に何か問題が起こったときに対応してくれやすいという点もメリットだといえます。軽微なものであれば、費用なしで修繕してくれるケースもあるでしょう。
ただし、他の工務店などに依頼する場合と比べて割高になるケースもあるため、事前に費用などしっかり確認しておくことが大切です。

複数のメーカーに相談する

アパート建築を考えるにあたっては、複数のメーカーに相談することが大切です。相談していく中で、それぞれのハウスメーカーについて特徴やメリットなどが見えてくるはずです。また、相見積もりすることで、最終的な値引き交渉がしやすくなるというメリットもあります。

まとめ

アパート経営を考えるにあたり、ハウスメーカーの特徴やメリット、ハウスメーカー選びのポイントなどご紹介しました。ハウスメーカーはやや割高になることが多いものの、豊富な商品ラインナップの中から選べるというメリットがあります。カタログが充実していることも多いため、実際に依頼を検討する際には複数のメーカーに資料請求したうえで比較検討しながら進めていくことをおすすめします。

(記事は2021年1月1日現在の情報に基づきます)