管理会社に任せるメリット

アパート経営では、自主管理することも管理を業者に任せることもできますが、管理を任せるメリットは、具体的には以下のようなものがあります。

  • オーナーの管理の手間が減る
  • 遠隔地からでもアパート経営できる
  • 空室率が改善する可能性がある

アパートの管理を委託するメリットとしては、やはりオーナーの手間が減るということが挙げられるでしょう。自主管理では、定期的な清掃や家賃滞納者への対応などオーナーの負担となることが多いです。

また、そうした管理は遠隔地から実施するのは難しいことが多く、管理委託することで遠隔地でもアパート管理できるようになるということもメリットだといえます。
さらに、素人が自主管理するよりもプロである管理会社に任せることでマーケティング施策の改善や入居者の満足度アップにつながりやすく、結果として空室率を改善できる可能性があります。

なお、管理委託する場合は、建物管理・入居者管理など、どこまで管理委託するのか契約前にしっかり確認しておくことが大切です。場合によっては、建物管理だけ自分でやって、管理委託手数料を安くしてもらうといった方法もあります。

管理会社の選び方

管理会社を選ぶときは以下のような点をおさえておくとよいでしょう。

  • 管理メインの会社か、仲介も管理も行う会社であること
  • ある程度の知名度があること
  • ホームページが充実していること

まず、不動産会社には管理メインの会社、仲介メインの会社、その両方を行う会社がありますが、この内、管理メインの会社か少なくとも両方行っている会社を選ぶことをおすすめします。仲介メインの会社でも管理委託できますが、賃貸と仲介とでは客層も違うため、客付けや建物管理などで不安が残ります。

また、依頼する不動産会社については、知名度やホームページの充実度も重要なポイントとなります。現在では、賃貸物件を探す方の多くがインターネットを利用するため、ホームページが充実して集客が期待でき、知名度が高い方が空室率を改善するうえで信用しやすいといえるでしょう。

上記をおさえたうえで実際に管理会社への委託を検討するときは、ご自身の物件にとって最適な管理会社かどうか実際にその管理会社へヒアリングすることが大切です。
具体的には、ご自身の所有物件の周辺でどのくらいの管理物件を持っているのかなどを確認することをおすすめします。複数の管理物件を持っているということは、それだけ多くのオーナーに支持されているといえるからです。
また、同じ地域に複数の管理物件を持っていれば、定期的に物件に足を運んでもらえる可能性が高く、建物管理の面でも期待できます。

選び方を誤ると収益が悪化する可能性も

アパート経営において信頼できる管理会社に管理を委託することは非常に重要です。

入居者募集をきちんとしてくれない管理会社に任せてしまうと、満足な収益を得ることは難しくなるでしょう。また、設備の補修などすぐに対応してくれない管理会社だと、入居者からのクレームがくるなどして最終的に空室率の悪化につながる可能性があります。
さらに、適切に管理されないことでアパート自体の寿命が短くなってしまうことも考えられます。

管理会社と管理委託契約を一度結んだものの、上記のような兆候が見られるときは、できるだけ早く管理会社の変更を検討するといいでしょう。

管理会社を変更するときは、契約書で解約予告が何カ月に設定されているかを確認します。

そのうえで新しい管理会社を探し、条件のよい管理会社が見つかったら現在の管理会社に解約通知を出します。その後、現在の管理会社から新しい管理会社に管理委託先の変更手続きを進めていくことになります。

まとめ アパート経営で管理会社選びは重要

アパート経営における管理会社のメリットや選び方、注意点などをお伝えしました。
アパート経営では管理会社の選定は非常に重要なポイントとなります。本記事の内容を参考に、ご自身の物件にあった管理会社を選ぶとともに、契約後も任せっぱなしにするのではなく、可能な範囲でオーナーがご自身の目で現地を確認することも大切です。

(記事は2021年1月1日時点の情報に基づいています)