検索条件変更

都道府県を選択

相談内容

こだわり検索軸

全国掲載件数1111件!

宮崎県 都城市の遺産相続に強い司法書士事務所
6

相続に関するお悩みなら相続会議の「司法書士検索サービス」!

宮崎県 都城市の遺産相続に強い司法書士事務所一覧です。相続会議の「司法書士検索サービス」では、宮崎県 都城市の遺産相続に強い司法書士事務所を一覧で見ることが出来ます。相続のトラブルやお悩みを抱えている方は一度近隣の司法書士に相談してみましょう。

市区町村から司法書士を探す

6件中 1~6件を表示

各事務所の詳細情報とお問い合わせフォームは別ウィンドウで開きます

宮崎 都城市にある相続対応可能な司法書士事務所

  • 【都城駅車で10分】依頼者様の目線に立って相続手続きをサポートいたします

    岩元司法書士・行政書士事務所

    • 初回相談無料
    岩元司法書士・行政書士事務所は、JR「都城駅」から車で10分の位置にある司法書士事務所です。平日は7時から16時まで営業しております。相続に関する初回のご... 続きを読む
    最寄駅
    JR「都城駅」車で10分
    所在地
    〒885-0004 宮崎県都城市都北町5882-1 大城貸家A棟 地図
    対応エリア
    宮崎、鹿児島

    050-5385-5049

    受付時間 7:00~16:00

宮崎 都城市所在・近隣の司法書士事務所

「相続会議」の司法書士検索サービス

相続対応可能な司法書士をお探しなら

「相続会議司法書士検索サービス」に関する ご利用上の注意をご確認下さい

「相続会議司法書士検索サービス」への掲載を希望される場合はこちらをご確認下さい

対応可能な業務内容は直接司法書士事務所にお問い合わせください

市区町村から司法書士を探す

相続トラブルが発生している場合は要注意!!

遺産分割協議がまとまらない!遺言書の内容に納得できない!
相続放棄したい!という悩みは弁護士への相談をおすすめします。

相続税の申告や、生前の相続税対策は税理士へ

特に相続トラブルなどがなく、相続税の申告をスムーズにおこないたい、相続税の支払いや対策を検討したいという場合は税理士へのご相談がおすすめです。

都城市で相続手続き・相続登記・成年後見を司法書士に依頼する

司法書士は相続人・財産調査から遺産分割協議書の作成、相続登記、口座や株式の名義変更など、相続における幅広い業務に対応しています。そのため、複雑な相続トラブルが発生していなければ、まず司法書士に相談するとあらゆる相続手続きを一括で引き受けてくれる可能性が高いでしょう。また、認知症対策として行う成年後見制度や家族信託などの対応も司法書士の業務に含まれているため、老後の財産管理に不安がある方は一度相談してみることをおすすめします。都城市にも相続に強い司法書士事務所や相続相談に応じている窓口が多数あります。これらをうまく活用して、自分に合ったアドバイザーを見つけましょう。

都城市の特徴と相続が相談できる司法書士事務所

都城市は宮崎県の南西部にある市で、2023年1月現在の推計人口は約15.8万人となっています。 宮崎市に次いで県内第2位の人口を擁する都城市は、市内にJR日豊本線・吉都線が通っているほか、少し移動すると宮崎空港や鹿児島空港にもアクセスできるため、交通利便性に優れた都市です。また、日本有数の農業都市でもあり、特に都城牛や黒豚の畜産が盛んなことで知られています。都城市に土地やマンションを持っている場合は相続時に相続登記が必要になるため、司法書士へ相談することを検討しましょう。

令和2年における都城市の高齢者割合は31.5%と、全国平均の28.0%よりも高い結果になりました。 今後も高齢者の割合は増加していくと予想されるため、高齢者がいるご家庭では認知症になる前に生前対策として家族信託や成年後見制度の利用を司法書士に相談してみることをおすすめします。

都城市にはJR西都城駅の近くに法務局や家庭裁判所があり、手続きの利便性から周辺には司法書士事務所が多く集まっています。また、オンラインや出張での相談に対応している事務所もありますので、より広い範囲から自分に合った事務所を探してみるのがよいでしょう。

事務所選びの際は自宅からの近さも大切ですが、少しエリアを広げて対応の早さや他士業とのネットワークにも目を向けることが大切です。また、手続きを一括で代行してくれる“おまかせパック”がある事務所などから探してみるのもよいでしょう。

都城市の相続登記や成年後見制度に関する相談窓口

都城市の相続登記、成年後見、認知症の相談窓口

2022年現在、都城市では「暮らしなんでも相談」として、日常生活で生じるさまざまなお悩みを相談できる窓口を設けています。その中には生活法律相談や老後の暮らし相談などもあるため、相続手続きに関するお悩みや老後の財産管理に関する不安なども相談することができるでしょう。相談会場や予約方法などの詳細は都城市のウェブサイトでご確認ください。

また都城市社会福祉協議会の生活支援課・権利擁護センターでは、 高齢者に関することとして、認知症や障がい等により判断能力が十分でない方を守るために成年後見制度の利用支援や相談などを行っています。老後の財産管理に不安がある方は、早い段階でこうした窓口を利用して対策をとっておくといいでしょう。

宮崎県司法書士会、法テラスなどの相続登記、成年後見などに関する相談窓口

行政以外では、宮崎県司法書士会が運営する「相続・遺言相談センター」でも相続や遺言などの法律問題に応じています。初回相談を無料で行っているため、相続手続きについて不安なところがある方や生前贈与などの相続対策を検討している方は、こうした窓口を利用してみるのも1つの手です。

■宮崎県司法書士会 相続・遺言相談センター
所在地:宮崎県宮崎市旭1-8-39-1
TEL:0985-28-8538

さらに、経済的にお困りの方は法テラスを活用する方法もご検討ください。都城市に法テラスはありませんが、県内には宮崎市に「法テラス宮崎」があり、法律問題の相談に応じています。なお、法テラスで法律相談を行う際は収入等の条件に注意しましょう。

■法テラス宮崎
所在地:宮崎県宮崎市旭1-2-2 宮崎県企業局3階
TEL:0570-078367

このように、都城市やその周辺には相続に悩む市民向けに多くの相談窓口がありますが、これらの窓口は相談日時が限られており、予約が混み合っていたり相談したいタイミングで相談できない可能性も考えられます。そのため、お急ぎの案件や複雑な手続きを含む案件の場合には、一般の司法書士事務所の利用がおすすめです。都城市には夜間・土日祝日の相談にも対応できる司法書士事務所 がありますので、公的な窓口と併せて検討してみてください。

都城市を管轄する法務局

法務局では遺言書の保管や相続した不動産の相続登記をすることができます。都城市の案件は国道10号沿いにある宮崎地方法務局都城支局が管轄しているため、相続登記をする際はこちらに出向いて手続きを行います。

相続登記は自分で行うこともできますが、専門家である司法書士に代行してもらうのが一般的です。2024年4月から相続登記の義務化がスタートすることで手続きに期限が設けられるため、スムーズに手続きを進めるためには専門家にサポートを依頼するのがおすすめです。

相続登記を司法書士に依頼した場合、都城市内で5万5,000円程度~という費用相場となっています。 初回相談が無料の司法書士事務所もありますので、うまく活用して代行にかかる費用の目安をチェックしてみるとよいでしょう。

■宮崎地方法務局 都城支局
所在地:宮崎県都城市上町2街区11 都城地方合同庁舎
TEL:0986-22-0490
JR「西都城駅」より徒歩約5分

都城市を管轄する家庭裁判所

家庭裁判所では相続放棄の申述や成年後見の申立、遺言書の検認などに対応しており、都城市の案件は宮崎家庭裁判所都城支部が管轄しています。

裁判所の手続きには書類を正確に作成する手間がかかるほか、相続放棄となると期限内に手続きを終わらせる必要があり、経験のない方にとっては対応が難しい場面も出てきます。安心して手続きを進めていくためには、やはり司法書士や弁護士などの専門家の力が必要です。ただし司法書士は弁護士と違って代理権がないため、対応できるのは書類の作成のみで、申述手続きや裁判所から届く書面への回答などは自分で行わなければなりません。一方で、弁護士は本人を代理してほぼ全ての手続きに対応することができますので、本人にかかる負担は少なくなります。このように司法書士は弁護士よりも対応業務が限られますが、その分、安い費用で依頼できるケースが多く、相談しやすいというメリットもあります。そのため、費用を抑えたい場合は司法書士に、全てお任せしたい場合は弁護士に相談するのがおすすめです。また、弁護士と連携している司法書士事務所に相談すると、司法書士で対応できない案件をスムーズに弁護士につないでもらえる可能性があります。

■宮崎家庭裁判所 都城支部
所在地:宮崎県都城市八幡町2-3
TEL:0986-23-4131
JR「西都城駅」より東側市役所方面へ徒歩約10分

都城市で相続に強い司法書士をお探しの方へ

都城市やその周辺には相続に強い司法書士事務所があるほか、行政や司法書士会、法テラスで行っている相談窓口も充実しています。また、市内には宮崎地方法務局都城支局や宮崎家庭裁判所都城支部があるため、相続登記や遺言書の検認、成年後見を行う際も便利なエリアです。

相続では家庭によって必要な手続きや書類が異なるため、「何から手をつければよいかわからない」と途方に暮れてしまうこともあります。慣れない手続きには必要以上に時間がかかってしまうものですので、無理に自分だけで対応しようとせずに司法書士などの専門家に任せることも検討しましょう。また、生前であれば成年後見制度や家族信託などの認知症対策も考えておくといいでしょう。財産管理を巡ったトラブルは後に相続トラブルへと発展する恐れもあるため、元気なうちから司法書士のアドバイスのもとで対策をとっておくことをおすすめします。

相続について無料相談に応じている司法書士事務所もありますので、まずはお気軽に相談してみてください。

最終更新日:2022年1月17日

メンバー 検索 Facebook Instagram LINE Mail Mail Magazine Twitter Web Site YouTube Lawyer Tax accountant Judicial scrivener Estate icon_mail icon_tel