検索条件変更

都道府県

市区町村

相談内容

こだわり条件

朝日新聞社運営 相続会議 相続に強い司法書士がみつかる 司法書士検索サービス! エリアから簡単検索 無料相談OK事務所も 朝日新聞社運営で安心

神奈川県 川崎市の遺産相続に強い司法書士事務所 一覧

神奈川県 川崎市の遺産相続に強い司法書士事務所一覧です。相続会議の「司法書士検索サービス」では、神奈川県 川崎市の遺産相続に強い司法書士事務所を一覧で見ることが出来ます。相続のトラブルやお悩みを抱えている方は一度近隣の司法書士に相談してみましょう。

もっと見る

155件中 31~60件を表示

各事務所の詳細情報とお問い合わせフォームは別ウィンドウで開きます

神奈川 川崎市所在・近隣の司法書士事務所

「相続会議」の司法書士検索サービス

相続対応可能な司法書士をお探しなら

「相続会議司法書士検索サービス」に関する ご利用上の注意をご確認下さい

「相続会議司法書士検索サービス」への掲載を希望される場合はこちらをご確認下さい

対応可能な業務内容は直接司法書士事務所にお問い合わせください

神奈川県 川崎市で相続に強いその他の専門家

相続トラブルが発生している場合は要注意!!

遺産分割協議がまとまらない!遺言書の内容に納得できない!
相続放棄したい!という悩みは弁護士への相談をおすすめします。

相続税の申告や、生前の相続税対策は税理士へ

特に相続トラブルなどがなく、相続税の申告をスムーズにおこないたい、相続税の支払いや対策を検討したいという場合は税理士へのご相談がおすすめです。

川崎市で相続・相続手続を司法書士に相談する

司法書士は相続登記や遺産分割協議書の作成、口座の名義変更など、相続におけるさまざまな 手続きに対応することができます。弁護士に依頼するべき相続トラブルでなければ、司法書士がワンストップで相続手続きをサポートしてくれるでしょう。また、成年後見や家族信託、遺言書作成などの生前対策に詳しい司法書士事務所もありますので、老後やこれからの相続に不安がある方は、一度相談してみることをおすすめします。川崎市にも相続に強い司法書士事務所や相続相談ができる窓口が多数あります。その中から自分に合った相談先を見つけ、円滑に相続手続き・生前対策を進めていきましょう。

川崎市の特徴と相続が相談できる司法書士事務所

川崎市は神奈川県の北東部にある市で、約154.4万人もの人口を擁しています(2023年7月現在)。

7つの行政区(川崎区・中原区・高津区・幸区・多摩区・宮前区・麻生区)で構成される川崎市は、横浜市に次ぐ県内第2の都市です。市内にはJR東海道本線 ・京浜東北線・南武線など多くの鉄道が通っており、東京や横浜方面へのアクセスが良いことから、東京や横浜のベッドタウンとして高い人気を誇ります。中心駅である川崎駅の周辺には、百貨店や飲食店が建ち並び、市民だけでなく市外からの買い物客で賑わっています。川崎市に土地やマンションを持っている場合は、相続時に相続登記の手続きが必要となりますので、司法書士への相談をご検討ください。

令和2年における神奈川県の高齢者割合は25.0%でした。川崎北部は20.2%、川崎南部は18.8%と県内の数値よりも低い割合ですが、これから高齢者の割合は増加していくと予想されます。高齢者がいるご家庭では、認知症になる前に生前対策として家族信託や成年後見制度の利用を司法書士に相談してみることをおすすめします。

川崎市内には管轄の法務局や家庭裁判所があり、それに伴って司法書士事務所も多数あります。武蔵小杉駅や武蔵新城駅の周辺には、相続に強い司法書士事務所もあるようです。

事務所選びは自宅からの近さだけでなく、少しエリアを広げて対応の早さやサービス内容にも目を向けることが大切です。また、相続手続きを一括で代行してくれる“おまかせパック”がある事務所から探してみるのもよいでしょう。

川崎市の相続登記や成年後見制度に関する相談窓口

川崎市の相続登記、成年後見、認知症の相談窓口

2023年現在、川崎市では日常生活の中のお悩みを相談できる各種相談窓口を設けています。その中には司法書士による相談窓口もあり、相続や遺言、成年後見に関する相談に応じています。窓口は各区役所にあり、それぞれ相談日時が異なりますので、相談を希望する場合は川崎市のウェブサイトで詳細をご確認ください。

また、川崎市には「川崎市成年後見支援センター」があり、こちらでは成年後見制度に関する相談や利用支援を行っています。相談内容に応じて適切な専門家がアドバイスや支援をしているようですので、認知症後の財産管理が不安な方は、一度こちらに相談してみるとよいでしょう。

神奈川県司法書士会、法テラスなどの相続登記、成年後見などに関する相談窓口

行政以外では、神奈川県司法書士会でも相続や成年後見に関する相談ができます。川崎市には7ヶ所に相談窓口があり 、それぞれ開催日時が異なります。また、同会では対面相談に加えて電話による相談も行っています。相談には予約が必要な場合がありますので、早めの予約がおすすめです。

■神奈川県司法書士会
所在地:神奈川県横浜市中区吉浜町1番地
TEL:045-641-1372

さらに、経済的にお困りの方は法テラスを活用する方法もご検討ください。川崎市には川崎駅前に「法テラス川崎」があります。なお、法テラスでの法律相談の利用には収入等の条件にご注意ください。

■法テラス川崎
所在地:神奈川県川崎市川崎区駅前本町11-1 パシフィックマークス川崎ビル10階
TEL:0570-078309

このように、川崎市には行政や司法書士会、法テラスなど、相続に関する相談を受け付けている窓口が多数あります。しかし、これらの窓口は相談できる日時が限られており、仕事や育児で忙しい方は相談するタイミングを逃してしまいます。相続手続きには定められた期限もありますので、早めに解決するためには一般の司法書士事務所への相談がおすすめです。川崎市内には初回相談が無料の司法書士事務所や夜間・土日祝日も相談に対応している司法書士事務所がありますので、自分に合ったアドバイザーを見つけるためにも併せて検討してみてください。

川崎市を管轄する法務局

法務局では遺言書の保管や相続した不動産の相続登記をすることができます。川崎市には2つの法務局があり、川崎区・幸区・中原区の案件は横浜地方法務局川崎支局、高津区・宮前区・多摩区・麻生区の案件は横浜地方法務局麻生出張所が管轄しています。相続登記をする際は、管轄する法務局に出向いて手続きをします。

相続登記の手続きは自分で行うこともできますが、慣れていない方は司法書士に代行してもらうのがおすすめです。特に相続人の数が多い場合には手続きが複雑になりますので、司法書士に依頼してスムーズに手続きを済ませておくメリットは大きいといえるでしょう。

相続登記を司法書士に依頼した場合、川崎市周辺で3万8,500円程度~という費用相場となっています。 司法書士事務所で行っている初回無料相談などを活用しながら、代行にかかる費用の目安をチェックしてみるとよいでしょう。

■横浜地方法務局 川崎支局
所在地:神奈川県川崎市川崎区宮前町12-11 川崎法務総合庁舎
TEL:044-244-4166
JR「川崎駅」または京浜急行「京急川崎駅」より徒歩約10分

■横浜地方法務局 麻生出張所
所在地:神奈川県川崎市麻生区上麻生1丁目3-14 川崎西合同庁舎
TEL:044-955-2222
小田急「新百合ヶ丘駅」南口より徒歩約3分

川崎市を管轄する家庭裁判所

家庭裁判所では相続放棄の申述や成年後見の申立、遺言書の検認などに対応しており、川崎市の案件は横浜家庭裁判所川崎支部が管轄しています。

家庭裁判所での手続きには複雑なものが多く、一から勉強して不備なく書類を揃えるとなると、必要以上に時間がかかってしまいます。そのため、これらの手続きは弁護士や司法書士などの専門家に依頼することをおすすめします。ただし、同じ手続きでも専門家によって対応できる範囲が異なる点に注意が必要です。弁護士の場合は本人の代理人として裁判所への申立・連絡を代行することができますが、司法書士は直接裁判所へ申立てたり、裁判所と連絡を取ったりすることができません。しかし 、その分司法書士の方が費用を抑えられるケースが多く、相談しやすいというメリットがあります。 そのため、お急ぎの案件でない相続放棄の手続きや遺言書の検認であれば、はじめに司法書士に相談してみて、もし弁護士への依頼が必要となった場合に改めて弁護士に依頼するという流れがベストでしょう。弁護士と連携している司法書士事務所ではスムーズに業務の引き継ぎをしてくれる可能性がありますので、まずは依頼する司法書士事務所が弁護士と連携しているかを確認してみてください。

■横浜家庭裁判所 川崎支部
所在地:神奈川県川崎市川崎区富士見1-1-3
TEL:取り扱い事項により異なります。(家事受付・審判係は042-755-8682、調停係は042-716-9243、後見・財産管理係は042-716-0181、人事訴訟係は042-716-0182、庶務課は042-755-8661)
JR「川崎駅」からバスに乗車し「教育文化会館」で下車徒歩約1分、もしくは京浜急行「京急川崎駅」より徒歩約10分

川崎市で相続に強い司法書士をお探しの方へ

川崎市には相続に強い司法書士事務所があるだけでなく、行政や司法書士会、法テラスの相談窓口も充実しています。また、市内には法務局と家庭裁判所もあるため、相続手続きを行う際にも便利なエリアといえます。

相続は亡くなった人の一生分の財産を清算する行為です。普段の生活で行う契約や手続きとは違い、複雑な手続きも多くあります。無理に自分だけで進めようとせずに、必要に応じて司法書士などの専門家のサポートを受けることもご検討ください。また、生前であれば、生前の財産管理にも目を向ける必要があります。司法書士のアドバイスのもとで、成年後見や家族信託など、自分に合った対策を取ることが大切です。

相続について無料相談に応じている司法書士事務所もありますので、まずはお気軽に相談してみてください。

本テキストは2023年9月時点の情報に基づいています

メンバー 検索 Facebook Instagram LINE Mail Mail Magazine Twitter Web Site YouTube Lawyer Tax accountant Judicial scrivener Estate icon_mail icon_tel