//p.potaufeu.asahi.com/
//p.potaufeu.asahi.com/

旭合同法律事務所 名古屋事務所

  • オンライン相談可
  • 初回相談無料
  • 土日祝OK
住所 〒486-0002 愛知県名古屋市中区丸の内1-3-1ライオンズビル丸の内3階
対応エリア 愛知、岐阜、三重

050-5447-4635

受付時間 9:00~18:00

【丸の内駅徒歩3分】様々な相続問題を、丁寧なサポートにより解決いたします

旭合同法律事務所 名古屋事務所は、名古屋市営地下鉄「丸の内駅」徒歩3分の位置にある法律事務所です。平日の9時から20時まで、土日祝は9時から18時まで営業しております。初回のご相談は、無料にて承ります。

相談者様・依頼者様から丁寧にご事情をお伺いして、それぞれのご家庭にとって望ましい解決策を真摯に検討・ご提案いたします。当事者だけでは解決が難しい相続問題も、弁護士が法的に整理して対応すれば解決できます。

ストレスのかかる相続手続きも、弁護士に全てお任せいただければ、精神的なストレスが大きく軽減されます。遺産相続に関するお悩みや疑問点は、お気軽に当事務所へご相談ください。

〈旭合同法律事務所 名古屋事務所の特徴〉

▼多様な経験を持つ弁護士による充実した相続サポート

当事務所は1977年の創立以来、一貫して地元の皆様の相続をサポートして参りました。グループに所属する弁護士は、ベテランから若手まで多種多様な経歴と経験を持っております。

特に相続問題は複雑な事案も多く、弁護士の経験が求められることも多いですが、旭合同法律事務所には「20年以上の経験」「家事調停委員」「公証人」「相続財産管理人」などの多彩な経験を持つベテラン弁護士が複数在籍。これまで培った経験を活かし、依頼者様を強力にサポートさせていただきます。

遺産相続のお悩みは千差万別ですが、当事務所には、あらゆるご相談へ適切に対応できるノウハウが蓄積されております。相続のお悩みは、伝統ある当事務所に安心してお任せください。

▼複雑な相続問題も、粘り強く解決へと導きます

当事務所は、ご自身では解決が難しい相続問題について、積極的にご相談を承ります。

相続人同士の激しい対立、相続人多数、空き家の処分、数十年にわたって未解決など、複雑な相続問題についても、弁護士が粘り強く対応いたします。どのようなご相談でも、お気軽に当事務所へご連絡ください。

▼初回相談無料|親身になってアドバイスいたします

相続に関する初回のご相談は、一律無料にてお伺いいたします。

基本的な手続きの流れから、具体的なお悩みの解決方法まで、弁護士が親身になってアドバイスいたします。いきなりご来所いただくことに抵抗がある場合は、先にお電話でのご相談も可能です。どなたでもお気軽に、当事務所の無料相談をご利用ください。

▼隣接士業・不動産業者と連携|総合的に遺産相続をサポートいたします

司法書士・税理士などの隣接士業や、不動産業者と随時連携して相続手続きをサポートいたします。相続登記や相続税申告、相続した不動産の売却などについても、ワンストップでご相談いただけます。総合的な相続サポートをご希望の方は、ぜひ当事務所にお任せください。

〈相続問題に対する取り組み方〉

▼可能な限り話し合いにより、ご希望に沿った解決を目指します

遺産分割トラブルについては、依頼者様のご希望に沿った解決を実現するため、弁護士が様々な手を尽くしてサポートいたします。その中でも、親族関係が今後も続いていくことを考慮し、できる限り話し合いによる円満解決を目指して参ります。

遺産分割に関するトラブルは、一人でお悩みを抱え込んでしまうと、大きなストレスがかかってしまいます。弁護士が介入して、法的な観点から分析・整理を行えば、複雑なトラブルもスムーズに解決できる可能性が高いです。相続人同士の深刻なトラブルに発展した場合は、お早めに当事務所へご相談ください。

▼ご意向を反映した、相続対策にも役立つ遺言書作成をサポートいたします

遺言書には、ご本人の意向に沿って遺産を分け与えるとともに、親族同士の相続トラブルを予防するという重要な役割があります。

当事務所は、依頼者様のご希望を丁寧にヒアリングしたうえで、その内容を適切に遺言書へと反映いたします。さらに、公平感を確保することによる遺留分対策や、二次相続を見据えた相続税対策なども必要に応じて盛り込み、実際に相続が発生した際のトラブルを予防できるような内容に仕上げて参ります。

内容・形式ともに整った遺言書を作成したい方は、ぜひ当事務所へご相談ください。

〈弁護士からのアドバイス〉

▼遺留分問題は、不動産の評価が結果を大きく左右します

遺言書や生前贈与によって不公平な財産の配分がなされ、ご自身の相続分が少なくなってしまった場合は、遺留分侵害額請求をご検討ください。他の相続人などから、一定の金銭の支払いを受けられる可能性があります。

遺留分侵害額は、遺産や生前贈与などの総額に基づいて計算されます。特にこれらの財産に不動産が含まれている場合は、採用する評価方法によって、請求できる金額が大きく変化しますので、弁護士へのご相談がお勧めです。

当事務所は、複数の評価方法を検討したうえで、遺産等に含まれる不動産の評価を適切に行い、適正額の遺留分を確保できるようにサポートいたします。遺言書や生前贈与の内容を不公平に感じている場合は、お早めに当事務所へご相談ください。

〈弁護士からメッセージ〉

弁護士が親身になって、相続に関するお悩み解決に尽力いたします。特に初めて相続に直面した方、相続トラブルの対処法がわからない方は、ぜひ一度当事務所へご相談ください。

対応できる主な事案

  • 遺言書作成
  • 遺産分割
  • 相続放棄
  • 遺留分侵害額請求
  • 相続人調査
  • 相続財産調査
  • 相続登記
  • 家族信託
  • 成年後見

不公平な遺言書に対して、遺留分侵害額請求で1000万円を獲得

■事例の背景と相談内容

依頼者様の父が不動産と預貯金を残し亡くなったため、相続が発生。依頼者様には兄が一人いて、母は既に他界していたため、相続人は依頼者様とその兄の計2名でした。

父は公正証書遺言を記していましたが、兄に全ての遺産を遺贈するとの遺言がされており、依頼者様は納得がいかず当事務所に相談に来られました。

■旭合同法律事務所名古屋事務所の対応と結果

不動産業者に相談したところ、不動産の時価は固定資産評価額を大幅に上回ることが判明したため、査定書の作成を依頼しその査定額を基準に相手方に遺留分侵害額の請求をしました。そうして協議を重ねた結果、遺留分として1000万円(固定資産評価額を基準にした場合の遺留分額は500万円)を取得することができました。不動産価格を調査することにより、より公平な遺留分の取得を実現することができました。

<相続会議編集部から>

公正証書遺言で遺留分を侵害した遺言書が出てきた事例です。公証役場で作成する公正証書遺言ですが、その中身が遺留分を侵害する内容というのはよくある話ですので、納得がいかない場合はひとまず弁護士に相談してみましょう。特に不動産の価格については評価の方法により遺産の金額に大きな影響を与えますので、特に遺留分などトラブルを抱えたケースでは不動産に強い弁護士に相談をするのがおすすめです。

事務所概要

事務所名
旭合同法律事務所 名古屋事務所
代表
田中 伸明
所在地
〒486-0002 愛知県名古屋市中区丸の内1-3-1ライオンズビル丸の内3階
最寄り駅
名古屋市営地下鉄「丸の内駅」徒歩3分
電話番号
050-5447-4635
受付時間
平日9:00〜20:00 土日祝9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日
備考
夜間・土日祝相談対応可(要予約)
対応エリア
愛知、岐阜、三重

050-5447-4635

受付時間 9:00~18:00

ご利用の際には利用規約利用上の注意をご確認下さい

近くで相談できる弁護士事務所

都道府県から弁護士を探す

主要な駅から弁護士を探す

メンバー 検索 Facebook Instagram LINE Mail Mail Magazine Twitter Web Site YouTube Lawyer Tax accountant Judicial scrivener Estate icon_mail icon_tel