KOWA法律事務所(弁護士 由井照彦)

〒103-0004 東京都中央区東日本橋2-8-3 東日本橋グリーンビル5F

  • 19時以降TEL可
  • 土日祝OK
  • 初回¥0

【東日本橋駅徒歩1分】相続財産の調査をしっかりと行い、後の紛争を防止します

KOWA法律事務所は、都営地下鉄浅草線「東日本橋」駅から徒歩1分の位置にある法律事務所です。平日は10時から18時まで営業しております。電話受付については、平日・土曜は10時から23時まで、日曜・祝日は12時から23時まで対応しております。また、お電話で事前予約をしていただければ、土日祝や夜間の面談についても対応可能です。初回のご相談は30分まで無料にて行っておりますので、お気軽にご相談ください。

相続は身内同士の権利をめぐる争いですので、どうしても感情の問題が入ってくることは避けられません。当事者同士だけで話し合いをしても、感情のぶつけ合いになり、無用な論争を招いてしまうこともしばしばあります。一方、弁護士にご相談を頂ければ、客観的な視点から問題点を整理し、相続問題を早期に解決するための手助けができます。揉め事を深刻化させずにスムーズに解決できれば、親族関係への傷も少なく済むでしょう。相続に関してお悩みの方は、お気軽にご相談ください。休日夜間についても、事前予約をいただければ、都合のつく限り対応させていただきます。

KOWA法律事務所(弁護士 由井照彦)の4つの特徴〉

▼相続財産の調査を丁寧に行います

相続は、相続人間で財産を分けることが一番の目的になります。そのため、相続財産の全体像を把握することが非常に重要です。もし後から新たな財産が判明したり、相続財産の評価が間違っていたりすると、後の紛争に発展してしまうおそれがあります。相続案件を担当するにあたっては、依頼者の方から詳細にお話を伺うとともに、不動産などについては必要に応じて現地調査を行うなどして、丁寧に相続財産の調査を行います。

▼複雑な相続問題にも対応可能です

土地の評価が難しいケースや、同族会社の事業承継が絡むケースなど、複雑な事案も多数取り扱ってきました。相続では、相続財産についての権利関係が複雑な場合も多く、適切に処理をしなければ後の紛争に繋がってしまう可能性もあります。複雑な相続問題についても、権利関係をきちんと整理した上で、後の紛争の火種を残さない形での解決を目指します。

▼土日祝・夜間の相談も柔軟に対応

土日祝や夜間など時間外の相談については、ご予約をいただければ柔軟に対応可能です。依頼者様のご都合に合わせることができますので、お気軽にお問い合わせください。

▼隣接士業と適切に連携し、相続問題の解決をトータルでサポート

税理士・司法書士・社会保険労務士などの隣接士業との連携を図り、相続に関する総合的なサービスを提供しております。たとえば相続税・相続登記不動産についての相続登記・保険関係の相続・事業承継に絡んだ労務問題などについては、隣接士業と適切に連携を行い、依頼者の方とこれらの士業を繋ぐ窓口としての役割も担います。

〈相続問題に対する取り組み方〉

▼遺産分割は家族や会社の背景事情を丹念にお伺い

遺産分割トラブルを解決するには、家族の背景事情や財産の動きを過去にさかのぼってしっかりと把握することが重要です。過去を紐解くことによって、相続財産の全体像が判明し、また紛争の根本的な原因も明らかになります。相続事件を引き受けるにあたっては、依頼者の方から家族の背景事情を丹念に伺い、実態を踏まえた相続問題の解決を目指します。また、会社の事業承継が絡んでくる場合には同様に、会社のこれまでの歩みや経営状態の変遷などについても丁寧にお話を伺って対応いたします。遺産分割について既に揉めてしまっているという方、あるいはこれから揉めるかもしれないと悩んでいる方は、ぜひお気軽にご相談ください。

▼遺言書作成は事前の財産調査が大切

遺言書を作成する際には、できる限り後の紛争を防ぐような内容になっていることを確認する必要があります。特に、十分な財産調査を行わずに遺言書を作成し、その結果後から遺留分を侵害する内容になっていたことが判明したような場合には、遺言書が紛争予防機能を失ってしまいます。遺言書を作成する際にも、事前の財産調査を十分に行い、紛争予防に努めます。

弁護士に遺言書の作成をご相談いただくうちに、遺言書を作成する目的が徐々にはっきりし、依頼者の方の真のご意向に沿った遺言書を作り上げることができます。

〈相続に関する弁護士のアドバイス〉

▼遺留分侵害額請求は計算が難しいため、早めに弁護士へご相談ください

遺留分侵害額請求を検討する場合には、遺留分の計算を正しく行う必要があります。しかし、法律上の遺留分の計算ルールは複雑であり、さらに相続財産の評価を行うには専門的な検討を必要とします。そのため、相続人が自ら計算をしようとしても間違えてしまうことがしばしば起こります。遺留分事件を担当する際は、隣接士業とも連携をした上で、遺留分の計算を適切に行っていますので、遺留分についてお悩みの方は一度ご相談ください。

▼相続放棄は機動的な対応が必要

相続財産について債務超過が明らかな場合は、相続放棄をするという判断に迷いはないでしょう。しかし、債務超過かどうかわからない場合、相続財産を調査した上で相続放棄をするかどうかを判断する必要があります。相続放棄は原則として、被相続人の死亡から3か月の熟慮期間に行う必要がありますが、財産調査が長引く場合は、家庭裁判所に対して期限の伸長を申請しなければならず、機動的な対応が要求されます。相続放棄をご検討の方は、お早めにご相談ください。

〈弁護士からメッセージ〉

相続問題は複雑になりがちですが、弁護士にご相談をいただければ、問題点の交通整理をすることができます。まだ具体的なトラブルが発生していなくても、事前に揉めそうなポイントがわかっていれば、相続処理をスムーズに進めることができます。まずは無料法律相談を通じて、お気軽にご相談ください。生前のご相談についても歓迎いたします。

対応できる主な事案

  • 遺留分侵害額請求
  • 相続人調査
  • 相続財産調査
  • 相続登記
  • 遺言作成
  • 遺産分割
  • 相続放棄

事務所概要

事務所名
KOWA法律事務所(弁護士 由井照彦)
代表
 
所在地
〒103-0004 東京都中央区東日本橋2-8-3 東日本橋グリーンビル5F
最寄り駅
都営地下鉄浅草線「東日本橋駅」徒歩1分 / 都営地下鉄新宿線「馬喰横山駅」 徒歩3分 / JR総武線快速「馬喰町駅」徒歩3分 / JR総武線「浅草橋駅」徒歩6分 / 東京メトロ日比谷線「小伝馬町駅」徒歩15分
電話番号
050-5268-8550
受付時間
平日・土曜10:00〜23:00、日曜・祝日12:00〜23:00
定休日
なし
備考
夜間・土日祝・相談対応可(要予約)
対応エリア
東京

ご利用の際には利用規約利用上の注意をご確認下さい

メンバー 検索 Facebook Instagram LINE Mail Mail Magazine Twitter Web Site YouTube Lawyer Tax accountant Estate icon_mail icon_tel