//p.potaufeu.asahi.com/

田中法律事務所(弁護士 沖田篤史)

  • 19時以降TEL可
  • 初回¥0
  • 土日祝OK
住所 〒730-0012 広島県広島市中区上八丁堀7番10号 HSビル3階
対応エリア 広島、岡山、山口、鳥取、島根、香川、徳島、愛媛、高知

050-5268-8548

受付時間 9:00~24:00

【女学院前駅徒歩2分】依頼者のお話を丁寧に伺い、納得のいく解決を目指します

田中法律事務所は、広島電鉄「女学院前」駅から徒歩2分の位置にある、広島市内からのアクセスが良好な弁護士事務所です。平日は930分から1730分まで営業。電話受付については、夜間であっても24時まで対応しております。また、お電話で事前予約をいただければ、土日祝の面談も対応可能です。

相続は、身内同士の感情のもつれから論点があちこちに広がってしまい、話し合いに時間がかかってしまうこともしばしばです。相続の話し合いが長引いた場合、相続人には大きな負担がかかってしまいます。その点、弁護士にご依頼をいただければ、依頼者に代わって他の相続人とのやり取りを行いますので、ご負担を軽減できます。また、法律に基づいた権利を実現しつつ、迅速に問題解決が期待できます。初回相談は無料で行っておりますので、相続に関してお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。夜間や休日の相談も事前予約をいただければ可能な限り対応します。

〈田中法律事務所(弁護士 沖田篤史)の4つの特徴〉

▼依頼者のお話を丁寧に伺います

相続は身内の問題ですので、感情的な揉め事が発生してしまいがちです。依頼者としては、なかなか進まない話し合いに、もやもやした感情を抱えてしまう場合もあるかもしれません。当事務所では依頼者のお話を細かいところまで丁寧に伺い、親身に寄り添いながら納得のいく解決が得られるよう尽力いたします。

▼後から揉め事が再燃しないようにすっきりした解決を目指します

相続財産についての権利関係が複雑になってしまっていることもよくあります。たとえば不動産が共有になっている場合などは、その典型例です。権利関係が複雑な状態のままで相続の手続きを終えてしまうと、後から相続人間で揉め事が発生する可能性も否定できません。それらをできる限り防止できるよう、複雑な権利関係をできる限り解消し、後で揉め事が起こりにくいすっきりした解決を目指します。

▼土日祝・夜間のご相談も柔軟に対応可

土日祝や夜間のご相談にも柔軟に対応しております。平日の日中にご都合がつかない場合でも24時までは電話受付をしています。事前予約をしていただければ、土日祝に面談にてご相談をお受けすることも可能です。依頼者の方のご都合に合わせて対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

▼隣接士業との連携により相続手続きを全般的にサポート

当事務所は、税理士・司法書士・土地家屋調査士などの隣接士業との連携を保っております。たとえば不動産についての相続登記・相続税の申告・財産の価格評価などにわたり、当事務所へのご依頼をきっかけとして、相続に関して必要となる手続きを全般的にサポートできます。

〈相続問題に対する取り組み方〉

▼遺産分割は依頼者の方の手続き負担を軽減

遺産分割トラブルの解決にあたっては、依頼者の手続き負担ができるだけ軽くなる方法をご提案いたします。たとえば遺産分割調停の申立ては相手の住所地にある家庭裁判所に対して行う必要があるため、相手方が県外にいるような場合は、調停に出席する負担が大きくなってしまうことがあります。このような場合には、できる限り交渉で解決するように相続人間で調整を行うなど、依頼者のご負担を軽減できるように努めます。

▼被相続人の気持ちを反映した遺言書を作成

法的にミスのない有効な遺言書を作成することはもちろんのこと、遺される相続人に対して、被相続人の気持ちができる限り伝わるような形の遺言書を作成したいと考えております。たとえば、正式な遺言書の中に盛り込むかどうかは別として、被相続人としての感謝の思いなどをメモ(付言事項)として預かるなど、さまざまな方法をご提案させていただきます。

単に財産の処理について決めるだけではなく、心温まる遺言書を作成したいとお考えの方は、ぜひ当事務所の弁護士にご相談ください。

〈相続に関する弁護士のアドバイス〉

▼遺留分侵害額請求は時効が完成する前に内容証明郵便を送付

遺留分侵害額請求権は、相続の開始および遺留分を侵害する贈与または遺贈があったことを知った時から1年間で消滅時効にかかってしまいます。そのため、遺留分侵害額請求を行う際には、速やかな対応が求められます。遺留分のご相談をいただいた際には、消滅時効の完成を防ぐため、すぐに他の相続人に対して内容証明郵便を送付するなど、スピーディーな対応を心がけております。

201971日に民法が改正され、遺留分侵害額請求は金銭による精算に一本化され、より使いやすい制度になっています。他の相続人が財産を多くもらい過ぎているのではないかと疑問に思っている方は、ぜひご相談ください。

▼相続放棄もスピーディーな処理が重要

相続財産の中に借金などのマイナスの財産がある場合には、相続放棄が有力な選択肢となります。相続放棄は原則として、被相続人の死亡から3か月の熟慮期間に行う必要があります。しかし、謄本などの資料を取り寄せたり、財産調査をしたりしていると、3か月はあっという間に経ってしまいます。当事務所の弁護士にご依頼を頂ければ、迅速に相続放棄の手続きを処理することが可能です。

相続財産中の借金などにお悩みの方は、当事務所の弁護士にご相談ください。

〈弁護士からメッセージ〉

もし相続人がなかなか交渉に応じてくれず困っているという場合でも、弁護士から法律を踏まえた主張を伝えれば交渉に応じてくれることがあります。おひとりで悩まずに、早めにご相談ください。依頼者の納得がいく解決が得られるようにサポートいたします。

対応できる主な事案

  • 遺留分侵害額請求
  • 相続人調査
  • 相続財産調査
  • 相続登記
  • 家族信託・成年後見
  • 遺言作成
  • 遺産分割
  • 相続放棄

事務所概要

事務所名
田中法律事務所(弁護士 沖田篤史)
代表
 
所在地
〒730-0012 広島県広島市中区上八丁堀7番10号 HSビル3階
最寄り駅
広島電鉄「女学院前」駅から徒歩2分
電話番号
050-5268-8548
受付時間
平日9:00〜24:00 土日祝10:00〜21:00
定休日
なし
備考
夜間・土日祝・相談対応可(要予約)
対応エリア
広島、岡山、山口、鳥取、島根、香川、徳島、愛媛、高知

050-5268-8548

受付時間 9:00~24:00

ご利用の際には利用規約利用上の注意をご確認下さい

近くで相談できる弁護士事務所

メンバー 検索 Facebook Instagram LINE Mail Mail Magazine Twitter Web Site YouTube Lawyer Tax accountant Judicial scrivener Estate icon_mail icon_tel