検索条件変更

都道府県を選択

相談内容

こだわり検索軸

全国掲載件数775件!

東京の相続対応可能な弁護士事務所一覧
47

相続に関するお悩みなら相続会議の「弁護士検索サービス」!

東京の相続対応可能な弁護士事務所一覧です。相続会議の「弁護士検索サービス」では、東京の相続対応可能な弁護士事務所を一覧で見ることが出来ます。相続のトラブルやお悩みを抱えている方は一度近隣の弁護士に相談してみましょう。

47件中 41~47件を表示

各事務所の詳細情報とお問い合わせフォームは別ウィンドウで開きます

  • 【四谷三丁目駅徒歩2分】ご事情を丁寧にお伺いし、公正妥当な相続問題の解決を目指します

    弁護士法人ステラ

    • オンライン相談可
    • 全国出張対応可
    • 19時以降TEL可
    • 土日祝OK
    • 初回相談無料
    弁護士法人ステラは、東京メトロ「四谷三丁目駅」から徒歩2分の位置にある法律事務所です。お電話でのご相談は24時間お受けしており、夜間や土日祝日のご面談もご... 続きを読む
    最寄駅
    東京メトロ「四谷三丁目駅」徒歩2分
    所在地
    〒160-0017 東京都新宿区左門町4 四谷アネックス5階 地図
    対応エリア
    東京

    050-5385-9148

    現在営業中

    受付時間 0:00~24:00

  • 【新宿駅徒歩3分】グループの総合力を活かして、充実した相続サポートをご提供いたします

    弁護士法人 Authense法律事務所 新宿オフィス

    • 19時以降TEL可
    • 土日祝OK
    • 初回相談無料
    • 役所から近い
    • 女性弁護士在籍
    • オンライン相談可
    弁護士法人Authense法律事務所新宿オフィスは、JR・京王電鉄・小田急電鉄・東京メトロ・都営地下鉄「新宿駅」から徒歩3分の位置にある法律事務所です。平... 続きを読む
    最寄駅
    JR・京王電鉄・小田急電鉄・東京メトロ・都営地下鉄「新宿駅」徒歩3分
    所在地
    〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-3-17 新宿第1アオイビル8階 地図
    対応エリア
    東京

    050-5385-5097

    受付時間 9:30~20:00

  • 弁護士法人荒木法律事務所

    最寄駅
    JR「上野駅」徒歩1分
    所在地
    〒110-0005 東京都台東区上野7-7-11 伸栄ビル502
    対応エリア
    東京
  • 中村法律事務所

    最寄駅
    JR・東京メトロ「恵比寿駅」徒歩2分
    所在地
    〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-10-7 パークハビオ恵比寿309
    対応エリア
    東京
  • おおだけ法律事務所

    最寄駅
    JR・西武鉄道「拝島駅」1分
    所在地
    〒196-0003 東京都昭島市松原町4-11-17 拝島・西武ビル3階
    対応エリア
    東京
  • 浜田総合法律事務所

    最寄駅
    東京メトロ「市ヶ谷駅」「麹町駅」徒歩5分
    所在地
    〒102-0081 東京都千代田区四番町4-9 東越伯鷹ビル3階
    対応エリア
    東京
  • 王子総合法律事務所

    最寄駅
    JR・東京メトロ「王子駅」徒歩3分
    所在地
    〒114-0022 東京都北区王子本町1-24-3 アバンスビル2階
    対応エリア
    東京

「相続会議」の弁護士検索サービス

相続対応可能な弁護士をお探しなら

「相続会議弁護士検索サービス」に関する ご利用上の注意をご確認下さい

「相続会議弁護士検索サービス」への掲載を希望される場合はこちらをご確認下さい

相続税の申告や、生前の相続税対策は税理士へ

特に相続トラブルなどがなく、相続税の申告をスムーズにおこないたい、相続税の支払いや対策を検討したいという場合は税理士へのご相談がおすすめです。

相続手続きや、不動産の名義変更は司法書士へ

相続人調査や預貯金の解約手続き、不動産の名義変更、相続放棄など、
相続にまつわる手続き全般は司法書士へのご相談がおすすめです。

東京都の相続事情

東京都の相続事情と相続トラブル

相続が発生した際に相談できる専門家は、さまざまにいます。その中でも、弁護士は多岐にわたって関わることができます。
相続における弁護士の役割は、様々です。遺言書の作成、相続放棄の手続き代行、遺言執行者など、多岐にわたります。このうち、特に必要となるのが、相続トラブルへの対処です。遺言がない相続の場合、相続人同士が遺産の分割方法について話し合います。しかし、それぞれの主張が対立して合意できないと、家庭裁判所で遺産分割の調停や審判を申し立てる遺産分割事件に発展します。
2019年のデータをまとめた司法統計によると、そうした遺産分割事件は、東京で1,522件に上りました。これは、全国でもっとも多く、総数12,785件の1割以上を占めています。人口が多いので、それだけ家庭裁判所への調停申し立てなどが増える可能性もあります。 1,522件のうち、代理人の依頼を受けるなど、弁護士が関与したものは、1,314件と9割近くに上ります。
東京や神奈川など首都圏の相続では、自宅不動産の評価額が高いのが大きな特徴です。預貯金などほかの資産が少なく、主だった財産が実家不動産だけであっても相続税がかかることは珍しくありません。このため、相続人が複数いて、実家の不動産はそのうちの1人が相続する場合には、ほかの相続人に代償金を支払う必要がありますが、不動産の評価は相続人の間で意見が分かれやすく、その結果、代償金をいくらにするのかをめぐって折り合わないケースが多いようです。
「相続トラブルはお金持ちにしか起きない」。こう思う人も多いかもしれません。しかし、現実は、一筋縄ではいきません。遺産分割事件のうち、認容・調停成立件数は全国で計7,224件ありました。そのうち、8割近くにあたる5545件で遺産の総額が5,000万円以下でした。東京では、総数852件のうち半数を超える523件が5,000万円以下でした。この数字から、相続にまつわるトラブルは、財産の規模によって生じるものではない、ということが分かります。
現在、トラブルが起きていなくても、「もしかしたら」と思った際には、早めに弁護士に相談してみるのも大切です。親が亡くなった際、思わぬことがきっかけで、きょうだい間で揉め事が起きることもあります。そういったことを防ぐことにもつながります。

東京都で弁護士に相続相談をする

東京都には3つの弁護士会(東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会)が存在しており、合計で2万人あまりの弁護士が会員として登録しています。税理士や司法書士と同様、相談にあたっては、相続トラブルの案件に精通している弁護士を見つけることが大切です。
「相続の準備」と聴いて、多くの人がまず頭に思い浮かべるのは、遺言ではないでしょうか。一般的に活用される遺言は、大きく分けて自筆証書遺言と公正証書遺言の二つがあります。全国における公正証書遺言の作成数は、2019年に113,137件に上り、増加傾向にありました。しかし、2020年には97,700件と減少。このうち東京都内では16,233件が作成され、全国の2割近くを占めています。人口が多い点も踏まえないといけませんが、遺産分割事件や公正証書遺言の多さを見ても、東京都内では相続に関する関心は、高いと考えられます。被相続人・相続人のいずれの立場でも、疑問や不安があった場合には、まずは弁護士に連絡してみてください。スムーズな解決につなげられるかもしれません。

貯蓄現在高全国トップの東京都

東京都は関東地方に位置する日本の首都で、令和3年1月現在の人口は約1,396万人と全国第1位です。管轄する領域は新宿区や品川区などを含む区部(東京23区)、八王子市や多摩市などの市部、奥多摩町などの町村部の3エリアに分けることができますが、東京都に住んでいる人のおよそ7割が23区に集中しています。都庁所在地である新宿区は約35万人(令和3年1月現在)もの人口を抱えており、そのうち64歳未満が8割を占めているため全国的に見ても年齢層の低い地域です。また、東京都には大企業から中小企業まで多様な事業が集中し、日本だけでなく国際的なビジネスの拠点にもなっています。給与水準も非常に高く、都道府県別の一世帯当たり貯蓄現在高は1,958万円と全国トップに位置しています。大きな資産を所有している方も多いのではないでしょうか。
相続を巡ってトラブルになるかどうかは、財産の量には比例しませんが、心配な方は早めの準備をお勧めします。財産を残す被相続人、遺産を受け継ぐ相続人、双方の立場で備えておくと、より安心感は高まります。

東京都の地価と路線価

東京都の令和3年における公示地価平均は住宅地で43万2,000円/㎡、商業地が259万300円/㎡で全国第1位です。周辺の県と比べても高い水準であるため、不動産の所有により相続の課税対象額が大きくなることを意味しています。
また、国税庁が毎年7月1日に公表する路線価においては、令和2年まで7年連続で上昇が続いていました。特に、日本一路線価が高いことで有名な中央区銀座5丁目の「鳩居堂」前は、1㎡当たり4,592万円(令和2年)にまで上昇し、35年連続で全国最高額を記録しています。東京都の路線価が上昇を続けてきた背景として、外国からの旅行客や都市部の再開発が考えられます。しかし、新型コロナウイルスの影響で外国人観光客が減少して経済活動も停滞することを考慮すると、今後の路線価の動向は不透明と言えるかもしれません。
不動産を遺産分割する際は注意が必要です。相続人が複数人いる際には、不動産を相続する代わりに、ほかの相続人に現金を渡さないといけない事態も考えられます。また、共有分割して、それぞれの相続人が所有すると、後々、トラブルを招く可能性もあります。このため、財産を残す相続人が、生前に対策を検討することも大切です。

メンバー 検索 Facebook Instagram LINE Mail Mail Magazine Twitter Web Site YouTube Lawyer Tax accountant Judicial scrivener Estate icon_mail icon_tel