検索条件変更

都道府県

市区町村

相談内容

こだわり条件

朝日新聞社運営 相続会議 相続に強い弁護士がみつかる 弁護士検索サービス! エリアから簡単検索 無料相談OK事務所も 朝日新聞社運営で安心

東京都 大田区の遺産相続に強い弁護士事務所 一覧

東京都 大田区の遺産相続に強い弁護士事務所一覧です。相続会議の「弁護士検索サービス」では、東京都 大田区の遺産相続に強い弁護士事務所を一覧で見ることが出来ます。相続のトラブルやお悩みを抱えている方は一度近隣の弁護士に相談してみましょう。

もっと見る

94件中 61~90件を表示

各事務所の詳細情報とお問い合わせフォームは別ウィンドウで開きます

東京 大田区所在・近隣の弁護士事務所

「相続会議」の弁護士検索サービス

相続対応可能な弁護士をお探しなら

「相続会議弁護士検索サービス」に関する ご利用上の注意をご確認下さい

「相続会議弁護士検索サービス」への掲載を希望される場合はこちらをご確認下さい

東京都 大田区で相続に強いその他の専門家

相続税の申告や、生前の相続税対策は税理士へ

特に相続トラブルなどがなく、相続税の申告をスムーズにおこないたい、相続税の支払いや対策を検討したいという場合は税理士へのご相談がおすすめです。

相続手続きや、不動産の名義変更は司法書士へ

相続人調査や預貯金の解約手続き、不動産の名義変更、相続放棄など、
相続にまつわる手続き全般は司法書士へのご相談がおすすめです。

大田区で遺産相続・相続トラブルを弁護士に相談する

弁護士は遺産分割調停や遺留分減殺請求、財産の使い込みなどの相続における争いだけでなく、遺言書の作成などトラブルを予防するための対策にも対応しています。大田区にはアクセスがよく相続に強い弁護士事務所や無料の法律相談窓口が充実しています。これらをうまく活用して、適切にトラブルの解決・予防ができる弁護士を見つけましょう。

大田区の特徴と相続の相談ができる弁護士事務所

大田区は東京都に23ある特別区の1つで、23区内では世田谷区、練馬区に次ぐ約72.9万人の人口を抱えています(2022年9月現在)。 高齢者割合は他の都市と比べて圧倒的に低く、全国でも数少ない人口増加都市となっています。

1947年に大森区と蒲田区が合併してできた大田区は日本有数の工業都市で、金属加工やメッキなどの工場が多く集積しています。また、大田区の西部には高級住宅街として知られる田園調布が位置しており、子どもを持つファミリー層から高齢者まで多くの方が住んでいます。大田区は他の地域と比べると不動産価値が高くなっているため、このエリアにマンションや土地を持っている場合には将来的に相続税が課税される可能性が高くなるといえるでしょう。

財産の多寡を問わず、財産の使い込みや遺留分を侵害した遺言書などが原因で相続トラブルが発生します。相続トラブルが起こると当事者間での話し合いが難しくなるため、なるべく早めに紛争解決のプロである弁護士事務所へ相談することをおすすめします。

大田区には蒲田駅の近くに弁護士会が運営する「法律相談センター」があり、それに伴って駅周辺には弁護士事務所が集まっています。また、大森区周辺にも相続に強い弁護士事務所が多くあるようです。幅広い選択肢の中から自分に合った弁護士事務所を見つけるためには、自宅からの近さだけでなく、過去の相続トラブル解決事例や、相談のしやすさなども考慮して探してみましょう。

大田区の相続、遺言、遺産分割、相続放棄などに関する法律相談窓口

大田区の相続相談窓口

2022年現在、大田区では区内在住・在勤・在学の方を対象として、専門相談員による無料相談を行っています。その中には相続手続きや遺産分割に関して、弁護士から専門的なアドバイスを受けられる法律相談窓口もあります。相談には予約が必要ですので、窓口の利用を検討している方は、あらかじめ大田区のウェブサイトから詳細を確認しておきましょう。

大田区の属する弁護士会、法テラスでの相続相談窓口

東京都の弁護士会が運営する「法律相談センター」でも相続に関する相談を受け付けています。弁護士会に所属している弁護士が法律的な観点から適切なアドバイスをしてくれるため、相続トラブルに巻き込まれた際や相続対策を行う際にも活用できる窓口です。大田区には蒲田駅からすぐのところに「蒲田法律相談センター」があります。そのほかにも23区内には錦糸町、池袋、霞が関、新宿に法律相談センターがあります。相続に関するお困りごとがある方は、こちらの窓口を活用してみるのもよいでしょう。

■蒲田法律相談センター
所在地:東京都大田区西蒲田7-48-3 大越ビル6階
TEL:03-5714-0081

■錦糸町法律相談センター
所在地:東京都墨田区江東橋2-11-5河口ビル7階
TEL:03-5625-7336

■池袋法律相談センター
所在地:東京都豊島区池袋2-40-12 西池袋第一生命ビルディング1階
TEL:03-5979-2855

■霞が関法律相談センター
所在地:東京都千代田区霞が関1-1-3 弁護士会館3階
TEL:03-3581-1511

■新宿総合法律相談センター
所在地:東京都新宿区歌舞伎町2-44-1 東京都健康プラザハイジア8階
TEL:03-6205-9531

また、経済的にお困りの方は法テラスを活用する方法もご検討ください。大田区に法テラスはありませんが、同じ23区内には新宿区と台東区にそれぞれ法テラスが設けられています。予約が混み合うこともあるため、相談を検討している方は早めに予約を取っておくことをおすすめします。なお、法テラスでの法律相談の利用には収入等の条件がありますのでご注意ください。

■法テラス東京
所在地:新宿区西新宿1-24-1 エステック情報ビル13F
TEL:0570-078301

■法テラス上野
所在地:台東区上野2-7-13 JTB損保ジャパン上野共同ビル6F
TEL:0570-078304

このように、大田区には区で開催している相談室や、弁護士会の法律相談窓口もあり、相続に悩む区民にとって相談しやすいエリアとなっています。しかし、事前予約が必要な場合や相談できる日程が限られている場合もあるため、解決の難しい案件をお持ちの方や仕事・育児などで忙しい方は、やはり一般の弁護士事務所に相談することをおすすめします。大田区周辺には出張・オンラインでの相談に対応している弁護士事務所 や、夜間・土日祝日でも相談できる弁護士事務所 もありますので、合わせてご検討いただくのがおすすめです。

大田区の遺産分割調停や相続放棄の申立先、遺言の検認手続き先 ~大田区を管轄する家庭裁判所~

家庭裁判所では遺産分割調停や相続放棄の申述、遺言書の検認などの手続きを行います。大田区の案件は霞ヶ関駅近くにある東京家庭裁判所が管轄しています。これらの申し立て等は自分でも行うことができますが、案件によっては弁護士に代行を依頼することをおすすめします。

裁判所に対して不備なく申し立てをしたり、争い中に調停手続きを行ったりすることを考えると、弁護士に依頼することのメリットは大きいといえます。実際に依頼しないとしても、弁護士事務所の初回無料相談などを活用し、費用相場や手続きにかかる時間などを確認してみましょう。

■東京家庭裁判所
所在地:東京都千代田区霞が関1-1-2
TEL:取り扱い事項により異なります。(相続放棄や遺言書検認の場合は03-3502-8331、遺産分割の申立ての場合は03-3502-5378、成年後見・保佐・補助・未成年後見の申立ての場合は03-3502-5359)
地下鉄東京メトロ丸ノ内線「霞ヶ関駅」B1a出口より徒歩約1分

公正証書遺言の作成をするには ~大田区にある公証役場~

公証役場では公正証書遺言を作成することができます。大田区には「大森公証役場」と「蒲田公証役場」の2つの公証役場があります。公正証書遺言は遺言者の口述をもとに公証人が筆記して作成されるため、遺言者が自ら自筆する必要がなく、改ざんや要件不備による無効のリスクが低いというメリットがあります。

ただし公証人は遺言者の代理人ではなく、あくまで正当な手続きを進める上で責任を負う立場です。そのため、相続発生後のトラブルを防ぎながら遺言者の希望通りとなる公正証書遺言を作るためには、弁護士のサポートが不可欠です。弁護士に依頼することで、公正証書遺言の作成に必要な書類や証人の準備など、難しい手続きをスムーズに進めることができるほか、遺言執行者を弁護士に指定しておくことで遺言の執行まで任せることができます。公証役場で遺言を作成する前に、ますは弁護士に相談してみるとよいでしょう。

■大森公証役場
所在地:大田区大森北1-17-2 大森センタービル2階
TEL:03-3763-2763
JR「大森駅」東口より徒歩5分

■蒲田公証役場
所在地:大田区西蒲田7-5-13 森ビル2階
TEL:03-3738-3329
JR線・東急線「蒲田駅」西口より徒歩2分

大田区で相続に強い弁護士をお探しの方へ

大田区では特に蒲田駅周辺に弁護士事務所が多くあるほか、行政や弁護士会で行っている法律相談も充実しています。また、品川区や目黒区へのアクセスも良く、幅広い選択肢の中から自分に合った弁護士事務所を探すことができます。ただし、遺言の検認や相続放棄の際は千代田区の東京家庭裁判所を利用することになるため、少し不便に感じる方もいるかもしれません。

遺産分割の場では家族間の複雑な感情も入ってくるため、当事者だけで話し合いを進めていくのが難しいケースもあります。トラブルを未然に防ぐために、弁護士と相談しながら遺言書を作成したり、相続発生後には弁護士からアドバイスをもらったりと、早めに対策をとっておくと安心です。

すでにトラブルが起こってしまった場合には、しっかりと自分の意見を主張しながら冷静に対応していく必要があります。しかし、お金の話となると感情的になってしまう場面も出てくるため、弁護士を介しながら話し合いを進めるのがよいでしょう。

相続について、無料相談に応じている弁護士事務所もありますので、まずはお気軽に相談してみてください。

本テキストは2022年9月時点の情報に基づいています

メンバー 検索 Facebook Instagram LINE Mail Mail Magazine Twitter Web Site YouTube Lawyer Tax accountant Judicial scrivener Estate icon_mail icon_tel