検索条件変更

都道府県

市区町村

相談内容

こだわり条件

朝日新聞社運営 相続会議 相続に強い司法書士がみつかる 司法書士検索サービス! エリアから簡単検索 無料相談OK事務所も 朝日新聞社運営で安心

東京都 港区の不動産登記・不動産の名義変更に強い司法書士事務所 一覧

東京都 港区の不動産登記・不動産の名義変更に強い司法書士事務所一覧です。相続会議の「司法書士検索サービス」では、東京都 港区の不動産登記・不動産の名義変更に強い司法書士事務所を一覧で見ることが出来ます。相続のトラブルやお悩みを抱えている方は一度近隣の司法書士に相談してみましょう。

もっと見る

104件中 61~90件を表示

各事務所の詳細情報とお問い合わせフォームは別ウィンドウで開きます

東京 港区所在・近隣の司法書士事務所

「相続会議」の司法書士検索サービス

相続対応可能な司法書士をお探しなら

「相続会議司法書士検索サービス」に関する ご利用上の注意をご確認下さい

「相続会議司法書士検索サービス」への掲載を希望される場合はこちらをご確認下さい

対応可能な業務内容は直接司法書士事務所にお問い合わせください

東京都 港区で相続に強いその他の専門家

相続トラブルが発生している場合は要注意!!

遺産分割協議がまとまらない!遺言書の内容に納得できない!
相続放棄したい!という悩みは弁護士への相談をおすすめします。

相続税の申告や、生前の相続税対策は税理士へ

特に相続トラブルなどがなく、相続税の申告をスムーズにおこないたい、相続税の支払いや対策を検討したいという場合は税理士へのご相談がおすすめです。

港区で不動産登記・不動産の名義変更を司法書士に相談する

司法書士は相続登記や相続放棄、遺産分割協議書の作成、口座の名義変更などの相続に関するさまざまな手続きに対応してくれます。弁護士でなければ解決できないトラブルを抱えていない場合は、まず司法書士に相談に行くと良いでしょう。他士業と連携をとりながら業務を行う司法書士事務所に依頼することで、ワンストップで相続手続きを終えることができます。また、成年後見や家族信託など生前に行うべき相続対策に強い司法書士事務所もありますので、認知症などに不安のある方は相談を検討することをおすすめします。港区にも相続に強い司法書士事務所や相続手続き・生前対策の相談ができる窓口が多くあるため、自分にあった司法書士事務所を探し、円滑に相続手続き・生前対策を進めましょう。

港区の特徴と相続が相談できる司法書士事務所

港区は東京23区の中央に位置する特別区で、約25.7万人の人口を抱えています(2022年現在)。2020年までは毎年増加していた人口ですが、2021年を境に減少傾向にあります。 青山や六本木などのオフィス街だけでなく、お台場などの商業地や白金台などの高級住宅街もあるため、さまざまな目的で人が集まるエリアとなっています。また、千代田区、中央区とともに「都心3区」と呼ばれており、IT企業や外資系の企業が多く集まっていることから、経済面において日本の中心となる都市でもあります。港区でマンションや土地を持っている場合には相続登記が必要になりますので、司法書士へ相談することを検討しましょう。

令和2年の港区による推計では、港区の高齢者割合は16.3%となり、全国平均の28%よりも大幅に低い結果となりました。しかし、高齢者の割合はこれからも増加していくと予想されています。高齢者がいるご家庭では、認知症を発症する前に生前対策として家族信託や成年後見制度の利用を司法書士に相談してみることをおすすめします。

港区には麻布十番駅の近くに東京法務局港出張所があり、その周辺には相続に強い司法書士事務所も集まっています。また、港区に隣接している千代田区には東京地方裁判所、東京家庭裁判所、東京簡易裁判所があるため、港区の麻布十番駅から千代田区にかけて司法書士事務所が多い傾向にあります。

このように港区にはまんべんなく司法書士事務所があるので、広い選択肢の中から自分に合った司法書士事務所を選ぶことができます。相続のお困りごとは人それぞれですので、少しエリアを広げて価格やサービス内容にも目を向け、ベストな司法書士事務所を見つけましょう。手続きを一括で代行してくれる“おまかせパック”がある事務所や、対応の早い司法書士事務所などを探してみるのもおすすめです。

港区の相続登記や成年後見制度に関する相談窓口

港区の相続登記、成年後見、認知症の相談窓口

2022年現在、港区では生活上のさまざまな問題を相談できる無料相談窓口を開設しています。その中には相続登記や空き家問題、成年後見に関するお悩みを司法書士に相談できる窓口もあり、発生した相続についてのお悩みがある方はもちろん、これから発生する相続の対策を検討している場合も相談をすることができます。相談できる日にちが限られているため、あらかじめ港区のウェブサイトを確認しておきましょう。

また、港区には成年後見利用支援センター「サポートみなと」があり、専門相談員による相談や成年後見人候補者の推薦などを行なっています。相談には無料で応じてもらえるので、成年後見を検討している方はこちらに相談してみるとよいでしょう。

港区周辺の東京司法書士会、法テラスなどの相続登記・成年後見などに関する相談窓口

港区の属している東京司法書士会では定期的に無料相談を行っています。対面による無料相談だけでなく、電話やWEBによる相談も受け付けているため、誰でも気軽に相談をすることができます。相談時間が限られているため、事前に東京司法書士会のウェブサイトをご確認ください。

さらに、経済的にお困りの方は法テラスを活用する方法もご検討ください。港区に法テラスはありませんが、隣の新宿区にはJR新宿駅西口を出てすぐのところに法テラス東京があります。法テラスでの法律相談の利用には収入等の条件があるので注意が必要です。

このように、港区では区民の相続手続きをサポートしてくれる相談窓口が多くあります。ただし、相談時間が限られていたり、法テラスが港区になかったりと不便に感じる部分もあるため、期限の短い相続放棄やお急ぎの案件がある方、お仕事などで忙しい方は、やはり一般の司法書士事務所の利用がおすすめです。港区には初回相談が無料の司法書士事務所 やオンラインでの相談に対応している司法書士事務所 もありますので、自分に合ったアドバイザーを見つけるためにも併せてご検討してみてください。

港区で相続登記をするには~港区を管轄する法務局~

法務局では遺言書の保管や相続した不動産の相続登記をすることができます。港区は地下鉄大江戸線の麻布十番駅近くにある東京法務局港出張所が管轄しているので、相続登記をする際はこちらに出向いて手続きを行います。

相続登記の手続きは自分で行うこともできますが、一から勉強して書類を準備したり、不備がないように確認したりする手間を考えると、司法書士に代行してもらうほうが良い場合もあります。司法書士事務所へ依頼する場合は、注力分野など事務所の詳細を確認してから相談するようにしましょう。

相続登記を司法書士に依頼した場合の費用は、港区周辺で4万4,000円程度~という費用相場となっています。 初回相談が無料の司法書士事務所もありますので、うまく活用して代行にかかる費用の目安をチェックしてみてください。

■東京法務局 港出張所
所在地:東京都港区東麻布2丁目11番11号
TEL:03-3586-2181
都営地下鉄・東京メトロ麻布十番駅より徒歩5分

港区で相続放棄や成年後見の申立をするには~港区を管轄する家庭裁判所~

家庭裁判所では相続放棄の申述や成年後見の申立、遺言書の検認などに対応しており、港区の案件は東京家庭裁判所が管轄しています。

このような手続きは必要書類を準備して家庭裁判所に提出する必要がありますが、案件によっては自分で手続きをすることが難しい場合もあります。司法書士は弁護士とは異なり、直接裁判所へ申し立てをしたり、裁判所と連絡を取ることができないため、必要書類を作成してもらってからは、本人が裁判所への書類提出を行い、連絡を取り合う必要があります。裁判所とのやりとりを自分でおこなう手間はありますが、その分、司法書士に依頼をした方が費用を抑えられるケースが多く、相談しやすいのがメリットといえるでしょう。緊急の案件でない相続放棄の手続きや遺言書の検認は、はじめに司法書士へ相談をしてみて、もし弁護士への依頼が必要となった場合には弁護士に依頼するという流れで検討してみてください。司法書士事務所の多くは弁護士と連携しているため、司法書士で対応できない案件はスムーズに弁護士につないでもらえる可能性があります。

■東京家庭裁判所
所在地:東京都千代田区霞が関1-1-2
TEL:取り扱い事項により異なります。(相続放棄や遺言書検認の場合は03-3502-8331、遺産分割の申立ての場合は03-3502-5378、成年後見・保佐・補助・未成年後見の申立ての場合は03-3502-5359, 5369)
東京メトロ霞ヶ関駅より徒歩1分

港区で相続に強い司法書士をお探しの方へ

港区には相続問題に強い司法書士事務所があるだけでなく、区が開催する無料相談会や司法書士会の相談会などが充実しています。法テラスや家庭裁判所は区内にありませんが、アクセスは良いため実際に相続手続きを進めていく上では便利なエリアです。

相続問題は人生で何度も経験することではないため、スムーズに手続きが進まないケースも多くあります。司法書士に依頼をすることは、スムーズな相続手続きが実現できるだけでなく、相続人同士がより円満に相続を終えるための有効な手段といえます。また認知症になる前から成年後見や家族信託をなどの対策を取っておくことで、認知症になってから財産が動かせなくなるリスクを下げることにもつながるため、なるべく早く検討したほうが良いでしょう。

相続について無料相談に応じている司法書士事務所もありますので、まずはお気軽に相談してみてください。

本テキストは2022年9月時点の情報に基づいています

メンバー 検索 Facebook Instagram LINE Mail Mail Magazine Twitter Web Site YouTube Lawyer Tax accountant Judicial scrivener Estate icon_mail icon_tel