検索条件変更

都道府県

市区町村

相談内容

こだわり条件

朝日新聞社運営 相続会議 相続に強い司法書士がみつかる 司法書士検索サービス! エリアから簡単検索 無料相談OK事務所も 朝日新聞社運営で安心

神奈川県 平塚市の不動産登記・不動産の名義変更に強い司法書士事務所 一覧

神奈川県 平塚市の不動産登記・不動産の名義変更に強い司法書士事務所一覧です。相続会議の「司法書士検索サービス」では、神奈川県 平塚市の不動産登記・不動産の名義変更に強い司法書士事務所を一覧で見ることが出来ます。相続のトラブルやお悩みを抱えている方は一度近隣の司法書士に相談してみましょう。

もっと見る

95件中 61~90件を表示

各事務所の詳細情報とお問い合わせフォームは別ウィンドウで開きます

神奈川 平塚市所在・近隣の司法書士事務所

「相続会議」の司法書士検索サービス

相続対応可能な司法書士をお探しなら

「相続会議司法書士検索サービス」に関する ご利用上の注意をご確認下さい

「相続会議司法書士検索サービス」への掲載を希望される場合はこちらをご確認下さい

対応可能な業務内容は直接司法書士事務所にお問い合わせください

神奈川県 平塚市で相続に強いその他の専門家

相続トラブルが発生している場合は要注意!!

遺産分割協議がまとまらない!遺言書の内容に納得できない!
相続放棄したい!という悩みは弁護士への相談をおすすめします。

相続税の申告や、生前の相続税対策は税理士へ

特に相続トラブルなどがなく、相続税の申告をスムーズにおこないたい、相続税の支払いや対策を検討したいという場合は税理士へのご相談がおすすめです。

平塚市で不動産登記・不動産の名義変更を司法書士に相談する

司法書士は相続登記や遺産分割協議書の作成、遺言書の検認など、あらゆる相続手続きに対応できる専門家です。そのため、トラブル案件や相続税申告以外であれば、司法書士に相談することで解決するケースが多いでしょう。また、成年後見や家族信託を活用した生前対策についても、司法書士は心強いパートナーとなります。平塚市やその周辺には相続に強い司法書士事務所や相続相談に応じている窓口が充実しているため、これらをうまく活用しながら、理想の老後・相続を実現しましょう。

平塚市の特徴と相続が相談できる司法書士事務所

平塚市は神奈川県の湘南地域にある市で、2023年10月における推計人口は約25.8万人です。横浜市、横須賀市、川崎市に次いで県内4番目に誕生した平塚市は、県内有数の商工業都市として発展しました。特に、市の東部に流れる相模川近辺は自動車産業や化学産業が盛んで、日産自動車の関連会社などもこのエリアに工場を構えています。一方で、東海道本線が通る平塚駅周辺では商店街や飲食店が軒を連ねており、ほかのエリアと比べて不動産価値が高い傾向にあります。平塚市に不動産を持っている場合は相続時に相続登記が必要になりますので、司法書士への相談を検討しましょう。

令和2年における平塚市の高齢者割合は65歳以上の28.1%で、全国平均の28.0%とほぼ同じ値でした。高齢者の割合はこれから増加していくと予想されるため、高齢者がいるご家庭では認知症になる前に生前対策として家族信託や成年後見制度の利用を司法書士に相談してみることをおすすめします。

平塚市ではJR平塚駅の周辺に司法書士事務所が密集しています。また、近隣地域にも多くの司法書士事務所がありますので、日常的に電車や車を利用する方は、市外の事務所も相談先の候補に入れておくとよいでしょう。

しかし、相談先の選択肢が広いと、どの事務所が良いか迷ってしまうもの。自宅からの近さで選ぶのもよいですが、少しエリアを広げてみて費用や対応の良さ、業務内容などを総合的に考慮することが大切です。また、あらゆる相続手続きを一括で引き受けてくれる“おまかせパック”がある事務所もありますので、事務所選びは妥協せず慎重に行いましょう。

参考:平塚市

参考:地域医療情報システム

平塚市の相続登記や成年後見制度に関する相談窓口

平塚市の相続登記、成年後見、認知症の相談窓口

2023年現在、平塚市では「市民相談」として、生活上のさまざまなお悩みを相談できる窓口を多数設けています。その中には司法書士による相談窓口もあり、相続や不動産の登記に関する相談に応じています。1人当たりの相談時間が30分と短いため、相談を希望する場合は、あらかじめ書類を準備したり内容をまとめておいたりするとよいでしょう。詳細は平塚市のウェブサイトからご確認ください。

また、平塚市社会福祉協議会では「成年後見利用支援センター」を運営し、成年後見制度に関する相談や講座を行なっています。認知症になった後も安心して暮らせるように、元気なうちからこうした窓口の利用もご検討ください。

参考:平塚市 市民相談

参考:社会福祉法人 平塚市社会福祉協議会

神奈川県司法書士会、法テラスなどの相続登記、成年後見などに関する相談窓口

神奈川県司法書士会では各地域に相談窓口を設け、司法書士による相談を行っています。また、成年後見に特化した相談窓口も設けているようです。対面だけでなく電話による相談に対応している窓口もあるようですので、詳しくは神奈川県司法書士会のウェブサイトをご覧ください。

■神奈川県司法書士会
所在地:神奈川県横浜市中区吉浜町1番地
TEL:045-641-1372

参考:神奈川県司法書士会

さらに、経済的にお困りの方は法テラスを活用する方法もおすすめです。神奈川県内には横浜市、川崎市、小田原市の3か所に法テラスが設置されています。平塚市にお住まいの場合は、小田原市にある「法テラス小田原」の利用が便利でしょう。なお、法テラスの法律相談を利用する際は収入等の条件にご注意ください。

■法テラス小田原
所在地:神奈川県小田原市本町1-4-7 朝日生命小田原ビル5階
TEL:0570-078311

参考:日本司法支援センター法テラス

このように、平塚市やその周辺には相続問題を抱える方向けにさまざまな相談窓口があります。しかし、これらの窓口は相談日が限られているため、なかなか相談のタイミングが合わないこともあるでしょう。相続手続きには期限が設けられているものもありますので、お急ぎの案件や複雑な案件は一般の司法書士事務所の利用がおすすめです。平塚市周辺にはオンライン相談が可能な司法書士事務所や、夜間・土日祝日の相談に対応できる司法書士事務所もあります。公的な窓口と併せて検討してみてください。

平塚市を管轄する法務局

法務局では遺言書の保管や相続した不動産の相続登記をすることができます。平塚市の案件は中郡二宮町にある横浜地方法務局西湘二宮支局が管轄しているため、相続登記をする際はこちらに出向いて手続きを行います。

相続登記は自分で行うこともできますが、やはりプロである司法書士に依頼するのがおすすめです。特に相続人や相続不動産が多い場合には、必要書類が増えて手続きが複雑になります。一から勉強して自分で行うのは大変ですので、司法書士に任せて手早く手続きを済ませておきましょう。

相続登記を司法書士に依頼した場合、平塚市周辺で3万8,500円程度~という費用相場となっています。司法書士事務所の初回無料相談を利用しながら、代行にかかる費用の目安をチェックしてみてください。

■横浜地方法務局 西湘二宮支局
所在地:神奈川県中郡二宮町二宮1240番地1
TEL:0463-70-1102
JR東海道線「二宮駅」より徒歩約10分

参考:横浜地方法務局

平塚市を管轄する家庭裁判所

家庭裁判所では相続放棄の申述や成年後見の申立、遺言書の検認などに対応しており、平塚市の案件は横浜家庭裁判所小田原支部が管轄しています。

これらの手続きは専門性が高く、知識に基づいたノウハウが求められるため、弁護士や司法書士などの専門家に任せるのがよいでしょう。ただし、専門家によって対応業務は異なります。弁護士であれば提出書類の作成から裁判所とのやりとりまでをワンストップで請け負うことができますが、司法書士には代理権がないため、書類作成の対応が中心となります。このように、司法書士に依頼する場合は本人の負担が大きくなりますが、その分、業務範囲の広い弁護士よりも費用面で依頼しやすいのがメリットの1つです。そのため、「まだ依頼するかどうか分からないが相談だけしてみたい」という方は、初めに司法書士に相談し、弁護士のサポートが必要と判断された場合に、改めて弁護士に依頼するという流れで検討するのがよいでしょう。司法書士事務所の中には弁護士と連携しているところもありますので、周辺の司法書士事務所をご確認ください。

■横浜家庭裁判所 小田原支部
所在地:神奈川県小田原市本町1-7-9
TEL:取り扱い事項により異なります。(家事受付係は0465-22-6747、家事調停係は0465-40-1183、人事訴訟・審判係は0465-40-1184、後見係は0465-22-6946、庶務課は0465-22-6586)
JR東海道線・小田急電鉄・箱根登山鉄道「小田原駅」より徒歩約13分

参考:裁判所

平塚市で相続に強い司法書士をお探しの方へ

平塚市やその周辺には相続に特化した司法書士事務所があるほか、行政や司法書士会、法テラスなどの相談窓口も充実しています。しかし、市内には管轄の法務局と家庭裁判所がありませんので、成年後見や相続放棄を行う場合は司法書士に依頼する方がスムーズです。

相続手続きは多くの方にとって経験のないものですので、「何から始めればよいか分からない」という状態に陥ってしまいがちです。中には期限が設けられている手続きもありますので、不安な方は司法書士などの専門家に任せるのが安全でしょう。また、生前であれば成年後見や家族信託を活用し、老後・相続後の財産管理の基盤を作っておくことも大切です。認知症になるとこうした対策ができなくなりますので、元気なうちに司法書士に相談し、自分に合った対策を講じましょう。

相続について無料相談に応じている司法書士事務所もありますので、まずはお気軽に相談してみてください。

本テキストは2023年11月時点の情報に基づいています

メンバー 検索 Facebook Instagram LINE Mail Mail Magazine Twitter Web Site YouTube Lawyer Tax accountant Judicial scrivener Estate icon_mail icon_tel