//p.potaufeu.asahi.com/
//p.potaufeu.asahi.com/
//p.potaufeu.asahi.com/

辻・本郷税理士法人 長門事務所

  • 初回相談無料
住所 〒759-4106 山口県長門市仙崎1031-210
対応エリア 山口

【仙崎駅徒歩5分】税理士と隣接士業が連携して対応|相続税・贈与税のご相談を無料で承っています

辻・本郷税理士法人 長門事務所は、山口県の日本海に面した長門市仙崎にあります。山口県長門市は「みんなちがってみんないい」のフレーズで有名な童謡詩人・金子みすゞゆかりの地でもあります。最近は、長門事務所の近くにある道の駅「センザキッチン」が連日の賑わいで新たな人気スポットになっています。

長門事務所は、経営や税務などのお悩み事に関して無料相談を行っております。ご相談がある場合は、あらかじめご連絡いただけると幸いです。

長門事務所は、常にお客様のよきアドバイザー、サポーターになることを心掛けております。経営者の方は孤独です。最終的に、自分で判断しなければならないことも多いかと存じます。そんな時に私たちは経営者の方に寄り添って、少しでもお力になれればと願っています。

今、相続が注目されています。書店に行くと相続に関する本や雑誌がたくさん並べられています。相続とは、被相続人の残したすべての財産や債務・義務を相続人が引き継ぐ手続きです。相続が発生すれば、葬儀や仏事がありますが、遺族は悲しんでいる間もなく、慣れない相続の名義変更や場合によっては税の申告もしなければなりません。

私たちは相続()の手続きについて、相続人様の気持ちを理解し、手続きがうまくいくと信じ、無事完了すれば相続人様が明るく元気になれるとの思いで相続の仕事をしています。

〈辻・本郷税理士法人 長門オフィスの特徴〉

▼相続税・贈与税も対応可能

相続税、贈与税の業務にほぼ全員が対応しており、周辺業務についても各士業の先生と連携をとりながら、お客様のニーズに徹底して応えられるよう心掛けています。

▼お客様に合わせたプランニング

初回相談後、お客様のスケジュールに合わせてアドバイスさせていただきます。

▼外観その他

事務所は2階建のレンガ調の建物で駐車場は事務所の両サイドにあります。近くにはコンビニや道の駅『センザキッチン』があり、食事処がたくさんあります。

〈相続問題に対する取り組み方〉

▼一人相続や子供がいない夫婦の相続には隣接士業と連携して対応

今、生涯独身や夫婦に子供がいない方が増えています。もし相続が開始したらどうなるか。生前対策として、遺言書作成、成年後見制度、死後事務委任などを検討しておかなければなりません。これらは、相続税だけの問題ではなく法律的な手続きでもあるので、弁護士や司法書士とも連携し、少しでもお手伝いできればと考えています。

〈税理士からのアドバイス〉

相続(税)対策の中でも代表的なものです。

▼贈与について

贈与契約とは、ある財産を無償で相手に与える意思を示し、相手がそれに受諾することによって成り立つ片務、諾成、無償の契約です。例えば、父母や祖父母が子や孫に贈与したつもりの預金が実質的に受贈者に移転しておらず、相続税調査の時に被相続人の相続財産として認定されてしまうことがよくあります。株式もしかりです。そうならないために、以下の点に気をつけてください。

  • ①贈与契約書を必ず作成する。
  • ②未成年者の通帳は、親権者である親がその子供の新しい印鑑で作る。
  • ③110万円を超える贈与をする場合には、必ず贈与税申告と納税をする。
  •      (注)今、暦年贈与が廃止されることが検討されている。
  • ④定期預金証書は必ず贈与した相手方に引き渡す。
  • ⑤贈与した株式からの配当金は本人の口座に入金する。

▼相続時精算課税制度

受贈者は一般の暦年贈与課税に代えて、相続時精算課税を選択することができます。

相続時精算課税は、生前贈与時に選択した相続時精算課税に係る贈与税を支払い、その後の相続発生時にその贈与した精算時課税の贈与価額を持ち戻し計算をして相続税の計算をする方法です。相続時選択課税は、贈与財産価額の合計から2,500万円の特別控除を引いた金額に、一律20%の税率を乗じて計算します。適用対象者も65歳の親、20歳以上の子に限られ本制度を適用すると暦年課税は選択できません。

暦年贈与と相続時精算課税のメリット、デメリットはそれぞれありますが、相続時選択課税を選択した場合、特に気をつけなければならないことは、3年以上経っても持ち戻しの計算の免除がなく受贈者の相続財産になるということです。このため、相続が発生した場合は、税務署に対して精算時課税適用分の開示請求をお勧めします。

〈税理士からメッセージ〉

平成2711日以降の相続又は遺贈から相続税の基礎控除が引き下げられ、全国的に相続税の申告件数が倍近くに増えています。基礎控除が減ったことによる小規模な相続税事案が増加したことがその原因でしょう。

また、今や相続の代名詞にもなった「争続」も増えているようです。「争続」が起きないためにも遺言書を作成するなどの生前対策が必要です。

「争続」ではなく相続にするために、まずはご相談ください。

対応できる主な事案

  • 生前対策
  • 不動産評価
  • 事業承継
  • 税務調査
  • 相続税申告
  • 確定申告

事務所概要

事務所名
辻・本郷税理士法人 長門事務所
代表
近藤 雅洋
所在地
〒759-4106 山口県長門市仙崎1031-210
最寄り駅
JR「仙崎駅」徒歩5分
電話番号
050-5385-5077
受付時間
平日9:00〜17:30
定休日
土曜・日曜・祝日
備考
夜間・土日祝相談対応可(要予約)
※電話は代表番号につながります。
対応エリア
山口

ご利用の際には利用規約をご確認下さい

近くで相談できる税理士事務所

メンバー 検索 Facebook Instagram LINE Mail Mail Magazine Twitter Web Site YouTube Lawyer Tax accountant Judicial scrivener Estate icon_mail icon_tel