//p.potaufeu.asahi.com/
//p.potaufeu.asahi.com/
//p.potaufeu.asahi.com/
//p.potaufeu.asahi.com/

京都総合法律事務所(弁護士 野﨑隆史)

住所 〒604-0924 京都府京都市中京区河原町二条南西角 河原町二条ビル5階
対応エリア 京都

【京都市役所前駅徒歩3分】生前の財産管理から相続までワンストップでサポートいたします

京都総合法律事務所は、京都市営地下鉄「京都市役所前駅」から徒歩3分の位置にある法律事務所です。平日は9時から18時まで営業しております。また、事前予約をしていただければ、平日夜間・土日祝日のご相談にもご対応可能ですので、いつでもお気軽にご相談ください。

相続では、ご家族同士が揉めてしまい、それまで円満だった家族関係が壊れてしまうという悲しい例も残念ながら存在します。ご家族だけでの話し合いがうまくいかない、こじれてしまったという場合には、お早めに弁護士にご相談ください。弁護士にご相談いただければ、第三者の視点が入ることによって冷静な話し合いが可能となるほか、法律を踏まえた妥当な解決が実現できるため、相続人の納得を得やすいというメリットがあります。

相続問題にお悩みの方も、弁護士にご相談いただければ、解決への糸口もきっと見つかるはずです。ご家族全員が笑顔で相続を乗り切るためにも、ぜひ一度ご相談ください。

〈京都総合法律事務所(弁護士 野﨑隆史)の特徴〉

▼生前の財産管理などから安心してお任せいただけます

相続が実際に始まる前に、来たる相続に向けた準備を整えておくと、後の紛争防止に大いに役立ちます。

私は、こうした生前の相続対策にも積極的に取り組んでおり、遺言書作成やその後の財産管理、相続が発生した場合における遺言の執行に至るまで、依頼者様をワンストップでサポートいたします。相続について全面的に弁護士に任せたいとお考えの方は、ぜひご相談いただけましたら幸いです。

▼改正相続法に関するセミナー講師を務めています

相続法は、2019年にも大きな改正があり、今後も社会の実態に合わせたアップデートが行われていくことが見込まれます。

私は改正相続法のセミナー講師を務めた経験があり、日々最新法令を踏まえた実務が行えるよう研鑽を積んでおります。その時々の法令の内容を踏まえたうえで、依頼者様にとって利益となるアドバイスをご提供したいと考えていますので、安心してご相談ください。

▼ご予約のうえで夜間・土日祝のご相談も可能です

平日日中のご相談が難しい方には、ご予約をいただけましたら夜間・土日祝のご相談についても承ります。

相続問題を誰にも相談できず、お一人で抱え込んでしまうのは、たいへん辛いことでしょう。少しでも早く弁護士にご相談いただき、問題解決に向けた道筋を付けて、精神的なご負担を軽くしていただきたいと考えております。

依頼者様のご都合に配慮してスケジュールを決定させていただきますので、まずはご希望のご相談日時をお気軽にご連絡ください。

▼税理士・司法書士を中心に隣接士業との連携を随時行います

相続税や相続登記などに関しては、弁護士以外の隣接士業の協力を得た方がスムーズに進められます。依頼者様にとって隣接士業のサポートが必要と考えられる場合には、私から提携先の隣接士業に連絡を取り、依頼者様が必要とするサービスがスムーズに行き届くように手配いたします。

依頼者様はご自身の手を煩わせることなく、窓口一つで様々な専門的サービスにアクセスしていただけますので、安心してお任せください。

〈相続問題に対する取り組み方〉

▼遺産分割では、問題の原因を丁寧に探りスムーズな解決を目指します

遺産分割トラブルが発生してしまった場合、こじれの原因がどこにあるのかはご家庭によって様々です。そのため、依頼者様のお話を丁寧にお伺いする中で、問題の所在を正しく突き止め、専門家としての処方箋を適切にご提供するよう努めております。

相続に関してご家族同士で揉めてしまったとしても、丁寧に揉め事の原因を解きほぐしていくことで、きっと解決に導くことができます。まずはお早めに弁護士までご相談ください。

▼遺言書作成は残されるご家族にも配慮しつつ遺言者のご意思を尊重します

遺言書は、人生の最後にご家族に向けて残すものですので、遺言者のご意思が何より大切です。しかし、遺言書には相続人同士の紛争を防止するという役割もあるため、法律の内容を踏まえたうえで、相続人の権利に配慮した内容に仕上げることも重要になります。

遺言書の作成をご依頼いただく際には、残されるご家族の権利にも配慮しつつ、依頼者様のご意思をきちんと反映した内容とするために、弁護士の視点からオーダーメイドのご提案をいたします。ぜひ悔いのない内容の遺言書をご作成いただきたいと考えておりますので、ためらうことなく弁護士にご相談ください。

〈弁護士からのアドバイス〉

▼相続放棄はまず「3か月以内」を意識|3か月を過ぎても諦めずにご相談を

相続放棄は、相続が開始したことを知った時から3か月以内に行わなければならないのが原則です。そのため、まずはこの「3か月以内」という期限を意識して、お早めに弁護士にご相談いただくことをお勧めいたします。

しかし、借金が後から判明したようなケースでは、3か月の期限内に相続放棄をするかどうかの判断が間に合わないこともあり得るでしょう。そのような場合には、家庭裁判所で手続きを取ることによって、期限後の相続放棄が認められる可能性があります。

そのため、相続放棄の期限が過ぎてしまったからもうだめだと諦めるのではなく、一度弁護士にご事情をお話しください。依頼者様に過大な負担がかかってしまうことを回避すべく尽力いたします。

〈弁護士からメッセージ〉

どんなに相続問題がこじれてしまっていても、弁護士に一度ご相談をいただければ、きっと状況を改善できるはずです。お一人で悩むことなく、お早めに弁護士へご相談ください。

対応できる主な事案

  • 遺留分侵害額請求
  • 相続人調査
  • 相続財産調査
  • 相続登記
  • 家族信託・成年後見
  • 遺言作成
  • 遺産分割
  • 相続放棄

事務所概要

事務所名
京都総合法律事務所(弁護士 野﨑隆史)
代表
 
所在地
〒604-0924 京都府京都市中京区河原町二条南西角 河原町二条ビル5階
最寄り駅
京都市営地下鉄「京都市役所前駅」徒歩3分 / 京阪電鉄「三条駅」徒歩10分
電話番号
050-5268-8698
受付時間
平日9:00〜18:00
定休日
土曜・日曜・祝日
備考
夜間・土日祝相談対応可(要予約)
対応エリア
京都

ご利用の際には利用規約利用上の注意をご確認下さい

近くで相談できる弁護士事務所

メンバー 検索 Facebook Instagram LINE Mail Mail Magazine Twitter Web Site YouTube Lawyer Tax accountant Judicial scrivener Estate icon_mail icon_tel